中華風カレー

レシピ カレー2014年3月5日(水)

テレビ朝日

モーニングバード!

プロ技キッチン

モーニングバード!のプロ技キッチンのコーナーでは、陳建太郎さんが、【中華風カレー】を紹介していました。

中華風のカレー??? 人気のまかないレシピとのことです。

野菜炒めのような具材と、仕上げに熱した油を粉唐辛子にかけるとことがポイント!

実際に作ってみました!!

<見た目>

私はトッピングのパクチーを省略しました。
野菜炒めのマーボー風のように見えますが、

だいたい放送と似た感じに作ることが出来ました。

<味>

この仕上げの油が、「中華風」らしさを演出してます。

ちょっと油っぽそうに見えますが、混ぜて食べると、油は気にならなくなりました。

<食感>

白菜や豆もやしの食感が、シャキシャキ!

普通のカレーには無い食感があります。

<感想>

実は、仕上げの油を省こうかなぁと思っていました。

油を別に熱する手間や、見た目が油っぽそうに見えたので(^_^;)

でも、省略せずにレシピ通り作って正解でした!

カレーの味が強いので、油をかけて「中華風」を感じます。

ちょっと面倒ですけどパクチーをのせるなど、レシピ通り作るといいかな。と思います。 

パパッと作れて、野菜の食感がいい、今までに経験のないカレーでした♪

いつもと違ったカレーにご興味のある方、ご参考にどうぞ~

広告


■■■ 陳建太郎さんのまかない【中華風カレー】レシピ ■■■

<材料> 4人分

豚バラ薄切り肉240g

キュウリ1本

白菜3枚

豆モヤシ80g

ニンジン1/4本

豆板醤大さじ2

固形カレールゥ80g

水溶き片栗粉適量

唐辛子(粉末)大さじ1

大さじ4

(合わせ調味料) マイボトル

大さじ1

顆粒スープの素小さじ1

コショウ少々

600cc

<作り方> 調理時間15分ほどPT15M / 写真:1/4量の1人分

1.キュウリ(1本)、ニンジン(1/4本)は2mm幅の薄切りに、白菜(3枚)は芯の部分はそぎ切り、葉の部分はざく切りにします。豚バラ薄切り肉(240g)は一口大に切ります。レシピ カレー

 

※キュウリは「肌がトゲトゲ」で「お尻が細い」ものが新鮮でおすすめ!


※シャキシャキ感のある野菜を多く使うことで食感も楽しめる

広告

2.フライパンに油(大1)を熱し豚バラ薄切り肉を炒めて、赤身部分がなくなったら、1のキュウリ、ニンジン、白菜の芯、豆もやし(80g)を加えて強火で炒めます。

レシピ カレー

※お肉に調味料を先に揉み込むことで、赤身と脂肪に一体感が出て、肉がジューシーに仕上がる

3.白菜の葉の部分を加えて炒め、野菜全体に油のツヤが付く程度(30秒ほど)に炒めたら、豆板醤(大2)を入れます。

レシピ カレー

※ルゥに入れる前に、具材と豆板醤を一緒に炒めることで、味が深くなって香りも引き立つ

4.合わせ調味料の酒(大1)、顆粒スープの素(小1)、コショウ(少々)、水(600cc)を混ぜ合わせてから3に加え、中火で3分ほど煮込みます。

レシピ カレー

5.小さく切ったカレールゥ(80g)を加えて溶かし、火を止めて、水溶き片栗粉(適量)を加えてとろみをつけます。

レシピ カレー
※ルゥは小さく切ることで、ダマにならずに早く溶ける


※水溶き片栗粉を加えることで短い煮込み時間でとろみがつき、ルゥだけの時よりもとろみが強くなり、あんかけのようなカレーに仕上がる

6.とろとろになったらお皿に盛り付けて中央に粉末の唐辛子(大1)を振り、そこへフライパンで200℃まで熱した油(大3)をかけて、【中華風カレー】の出来上がり。混ぜていただきます。

お好みで山椒、パクチー(分量外)を添えてどうぞ。


※熱した油をかけることで、唐辛子の辛さを和らげ、風味を残す

●モーニングバード!を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “中華風カレー”

  1. みほ より:

    はじめまして♪
    いつも拝見させていただいております。
    とても詳しく順序や写真などが載っていて
    とても助かっております。
    いつも更新楽しみにしてます♪
    応援しているので頑張ってください(^^)

  2. 三ツ星主婦 より:

    みほさん
    はじめまして♪こんにちは(^O^)/
    いつもご覧いただきまして、ありがとうございます!
    その上、コメントまで下さって嬉しいです!! 励みになります。
    食べ過ぎに気を付けながら(笑)、更新頑張りま~す(*^_^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓