ブリの照り焼き

レシピ ぶりの照り焼き2013年11月27日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!
プロ技キッチン

今日のモーニングバード!プロ技キッチンのコーナーでは、和食の定番!【ブリの照り焼き】を柳原尚之さんが紹介していました。

この時期のブリは「寒ブリ」と呼ばれ、1年で1番 脂ののりが良い状態。火の強弱でふっくらツヤツヤに仕上げます!

実際に作ってみました!!

身が柔らかく、甘辛いタレがしっかり絡んで、ご飯がすすみます!!下味の漬け置き(15分)の間に、タレや大根をおろしてたら、あっという間のレシピです。

これから、年末年始のおかずとしても重宝しそうな「ぶりの照り焼き」でした。ちなみに、タレはかば焼きや焼きとりのたれとしても使える万能甘辛たれです。

広告


【ブリの照り焼き】レシピ

<材料> 4人分

ブリ(切り身)4切れ
しょう油大さじ1
玉酒(水・酒を各大さじ1/2)
大根おろし適量
柚子おろし適量
サラダ油少々

(タレ) マイボトル
しょう油大さじ1と1/2
みりん大さじ1と1/2
砂糖小さじ2
 

広告

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M / 写真:1/2量


レシピ ぶりの照り焼き1.ブリ(4切れ)の両面にしっかりとしょう油(大1)をつけて常温で15分置きます。 

※ブリは「背」を使った方が、脂が少なく味が染み込みやすい

2.タレ(マイボトル)のしょう油(大1と1/2)、みりん(大1と1/2)、砂糖(小2)を合わせておきます。

レシピ ぶりの照り焼き3.1のブリは漬け込んだしょう油を軽く拭き取り、フライパンに油(少々)をひき、盛り付ける方の面から強火で片面1分ずつ焼きます。

※焦げの原因になるので漬け込んだしょう油は軽くふいてから焼く
 

●両面が焼けたらキッチンペーパーで、フライパンに出た油を拭き取ってください

レシピ ぶりの照り焼き4.火を止めて、玉酒(水・酒を各大1/2)を入れたら、フタをして中火で30秒程蒸し焼きします。 

※フタをして蒸し焼きにすることで、ふっくらとした食感が生まれる

レシピ ぶりの照り焼き5.2のタレをブリの身に直接かけながら弱火で1分程絡めながら焼きます。

お皿に盛り付けて、大根と柚子のおろしを合わせたもの(各適量)を添えて、【ブリの照り焼き】の出来上がり 

●モーニングバード!の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓