鶏の味噌ヨーグルト焼き




2013年2月10日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~発酵食品~

今日のウチゴハンでは、「塩麹」に続く2013年に流行るであろう!と発酵食品を使ったお料理で、【鶏の味噌ヨーグルト焼き】を堀知佐子シェフが作って紹介していました。

堀知佐子シェフといえば、「美容と健康」を重視したレシピでお馴染み♪ このレシピも名前から分かるように、『味噌』と『ヨーグルト』に漬けます。そして、焼くだけ!と超簡単です!!

「味が決まるのかなぁ?」と不安がありました。見た目も、放送のように魅力的な仕上がりにならなかったし・・・でも、鶏肉がやわらかくて、味噌の味がほどよく、ご飯がすすみます!! 主人にも思ったよりも好評でよかったです(^O^)/ 

堀流!【鶏の味噌ヨーグルト焼き】レシピ

<材料> 4人分

味噌…大さじ4
ヨーグルト…大さじ4
鶏もも肉…2枚(500g)

(付け合わせ)※お好みの野菜で可
大根…80g
カボチャ…40g
レンコン…60g
ニンジン…40g

オリーブオイル…適量
塩…少々
タイム…2本 (私は、省略)
ローズマリー…8cm (私は、省略)
万能ネギ…適量 (私は、省略)

【鶏の味噌ヨーグルト焼き】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:材料1/2量

*下ごしらえ*
1.味噌(大4)とヨーグルト(大4)をビニール袋に入れて混ぜあわせます。 

※ヨーグルトには、味噌の塩味をやわらげる効果があります!

2.鶏もも肉(2枚500g)の全面にフォークなどでさして味をしみこみやすくします(表裏とも)。

広告

1の味噌ヨーグルトの袋に入れ、全体に塗りつけるようによく揉みこんで、密閉させて冷蔵庫で最低5時間、漬けおきします。 
 
 ※空気をしっかり抜いて全体をよく揉みこむことで、味がより染み込みやすくなります!

放送:夕飯に食べるため、朝、漬け込むのもOKです。とのことでした。


*仕上げ*

3.フライパンの半分のスペースにオーブンシートを敷き、2の鶏肉についている余分な味噌ヨーグルトを軽くとりのぞいて、皮目を下にしてオーブンシートの上に入れて、蓋をし弱火で13分焼きます。 

※オーブンシートを敷くことで焦げ付きにくくなります!

放送:洗うことは、NG!とのことでした。

4.大根(80g)・カボチャ(40g)・レンコン(60g)・ニンジン(40g)を厚さ7mm程度にそれぞれ切ります。

放送:大根とレンコンは半月切り、ニンジンは輪切りでした。 

※野菜はお好みの野菜でOK!火が通りやすいように薄切りにするのがポイント!

(右写真:大根はもう少し薄切りした方が、よかったです)

5.3の鶏肉の皮目にいい焼き目がついたら裏返します。

余分な脂をキッチンペーパーなどでふき取り、空いてるスペースにオリーブオイル(適量)をひいて、4の野菜を並べ、塩(少々)をふります。

タイム(2本)・ローズマリー(8cm)を野菜の上にのせて蓋をし3分加熱、野菜を上下返してさらに2分焼きます。 

(私は、タイム・ローズマリーを省略しました)

6.火が通ったら、オーブンシートを外して鶏肉についている味噌ヨーグルト(うまみ)を野菜と絡むように炒め合わせます。

鶏肉を取り出し、6等分にそぎ切りにし、野菜と一緒に器に盛り付けます。

仕上げに長さ5cmくらいに切った万能ネギ(適量)を散らして 【鶏の味噌ヨーグルト焼き】の出来上がり 

(私は、万能ネギを省略しました)

●放送を参考にしながら、作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓