豚とイカの黒酢あんかけ焼きそば

butaikankake2010年2月28日(日)
テレビ朝日
ウチゴハン

今回は、中華料理が大好きな西岡徳馬さんをゲストに迎え、黒酢の香りが食欲をそそる【あんかけ焼きそば】を作っていました。

市販の焼きそばの麺をパリパリ(カリカリ?)の、かた焼きそばに仕上げることができて、美味しかったです!具材を別々に炒めただけあって、食感がそれぞれ違っていい!!

トッピングの薬味・ネギも気に入りましたぁ!ウチゴハンのレシピでは九条ネギ&長ネギですが、私は普通の長ネギの白と青い部分を使って作りました。


【豚とイカの黒酢あんかけ焼きそば】
のレシピも、続きに書きました。
 ↓ ↓

【豚とイカの黒酢あんかけ焼きそば】レシピ

<材料>  4人分 
 
イカ…160g
 塩・コショウ…少々
 酒…大さじ1
 片栗粉…少々
 サラダ油…少々

豚バラ肉(薄切り)…140g
 塩・コショウ…少々
 酒…大さじ2
 片栗粉…少々
 サラダ油…少々
 おろしショウガ…小さじ1/2
 
パプリカ(赤・黄)…各1/2個
しめじ…100g(1パック)
チンゲン菜…1株
塩…少々
 
(黒酢あん)
サラダ油…大さじ2
ニンニク(みじん切り)…大さじ1
ショウガ(みじん切り)…大さじ1
お湯…1L
鶏がらスープの素…大さじ2
砂糖…小さじ4
しょうゆ…大さじ4
オイスターソース…大さじ3
酒…大さじ3
黒酢…150ml
塩…少々
 
水溶き片栗粉…適量
 
焼きそばの麺…4玉
サラダ油…大さじ4

酢…適量
からし…適量

(ネギのトッピング)
長ネギ…1本(輪切り)
九条ネギ…2本 (輪切り)
塩…小さじ1
コショウ…少々
ごま油…小さじ2
鷹の爪…2本 (小口切り)

butaikankake1
<作り方>
●パプリカはヘタ・種を取り一口大に。しめじは、石づきを取り除き小房に分けて。ちんげん菜は、1枚ずつはずす   
●ネギのトッピングの材料をすべて混ぜ合わせる(写真右)

1.イカ(皮をはぎ、切れ目を入れ一口大に切る)をボウルに入れ、塩、コショウ、酒、片栗粉、サラダ油を加えてもむ。

2.豚バラ肉(2~3cm幅)をボウルに入れ、塩、コショウ、酒、片栗粉、サラダ油、おろしショウガを加えてもむ。

3.フライパンにサラダ油ひかず2の豚バラ肉を炒め、表面にほんのり焦げ目がついたら取り出す。同じフライパンで豚肉の脂で1のイカを炒めて(1分ほどでした)、また取り出す。再び豚肉の脂で、パプリカ(赤・黄)、しめじ、チンゲン菜を油をからめる程度にサッと炒め、塩で味を調え取り出す。
※豚肉は十分に火を通し、イカは軽く炒めてプリプリの食感、野菜はシャキシャキ感を残すよう別々に炒める

*黒酢あん作り*
4.フライパンにサラダ油を入れ、ニンニク、ショウガを炒め、お湯、鶏がらスープの素、砂糖、しょうゆ、オイスターソース、酒、黒酢を入れ沸かす。butaikankake2

5.4に、3の具材を全て入れ、塩で味を調え、水溶き片栗粉で、とろみをつける。

*パリパリ麺作り*
6.鍋にお湯を沸かし、焼きそばの麺をほぐし、水をきる。(写真右)

●2人分ずつ作ることがオススメbutaikankake3
7.フライパンにサラダ油をひき、6の麺(半量)を前面に広がるように入れ、フライ返しで抑えながら焼き色をつけ、ひとかたまりになったらひっくり返して両面をパリパリに焼く。
※片面7分、裏3分くらいが焼き時間の目安

8.7の麺を器に盛り、その上に、5のあんをかけ、お好みで、酢で溶いたからし、ネギのトッピングをのせ完成!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓