筑前煮




2012年11月4日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~レンコン~

ウチゴハンでは、 レンコン生産量日本一!茨城県のかすみがうら市へレンコン収穫のお手伝いに行った様子を放送していました。そして、そのレンコンを使って【筑前煮】を吉岡料理長が作って紹介していました。

煮崩れ、味が染み込まない、味が決まらない・・・。という悩みのポイントを解決するポイントは、具材の下ゆでと落とし蓋!

ひと手間ですが、長く煮るよりも、10分程下茹でする方が味がよく染み込むそうです。早速、レシピ通りに作ってみました!

味が染みて、おいしい~\(^o^)/ 味の加減も好みでバッチリ!! だけど、鷹の爪がから~い(+_+) 隠し味の域を越えてます(笑) 

取り除くと言ってなかったので、最後まで一緒に煮ました。 大きすぎたのかな? 様子をみて場合によっては、途中で取り除くことをおすすめします。

吉岡流! 【筑前煮】レシピ

<材料> 4人分

里芋…2個(110g)
レンコン…60g
ニンジン…50g
ゴボウ…55g
しいたけ…2枚
インゲン…3本
こんにゃく…90g
鶏もも肉…250g

ごま油…大さじ1
鷹の爪…1/3本
砂糖…大さじ1/2~1
ゆずの皮…少々(私は、省略)

(合わせ調味料)
水…350ml
「ほんだし」…小さじ1/2
酒…50ml
しょうゆ…50ml
みりん…50ml

【筑前煮】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量の2人分

*下ごしらえ*
1.里芋(2個110g)は皮をむいて縦半分、レンコン(60g)、ニンジン(50g)は皮をむいて乱切り、ゴボウ(55g)も乱切りにし、シイタケ(2枚)は石づきをとって半分に切り、インゲン(3本)は3等分の長さに切ります。こんにゃく(90g)は、じゃばら切りにして2cm角に切ります。 

広告

※こんにゃくは表裏違う方向に細かく切れ目を入れる「じゃばら切り」にすると、深く切ってしまってもバラバラにならず、味もよく染み込みます!

(私は、小さい里芋のため大きさをそのまま。シイタケは干ししいたけを使用)

2.鍋に、里芋、レンコン、ニニジン、ゴボウ、シイタケ、こんにゃくを入れ、ひたひたになるまで水を加えて強火にかけます。

沸いてから10分程下茹でします。インゲンは沸いてから加え、1~2分程で先に取り出します。 

※具材は下ゆですることで、味がよく染み込みます!

3.ボウルに、水(350ml)、「ほんだし」(小1/2)、酒(50ml)、しょうゆ(50ml)、みりん(50ml)を混ぜ合わせ合わせ調味料を作ります。

※煮汁はダシ汁:しょうゆ:みりんが、7:1:1が黄金比率!

*仕上げ*
4.フライパンにごま油(大1)をひき、鷹の爪(1/3本)を加え中火にかけ、鶏肉(250g)を皮目から入れ4~5分程焼き、裏返し両面に焼き色をつけます。 

●放送:鶏肉の切り方⇒詳細不明です。恐らく2cm角切りくらい

※鷹の爪は辛味を加えるより全体の味をまとめ、引き締めるための隠し味!

5.更に、2の下ゆでしたインゲン以外の野菜・こんにゃく・3の合わせ調味料を入れて煮立たせます。 
 
 

沸騰したら砂糖(大1/2~1)を加え、アルミホイルの落とし蓋(丸く形作り、真ん中に穴を開ける)をして10~13分煮ます。 
 

※落し蓋にアルミホイルを使用することで、材料に密着せず中で対流が起き、むらなく味が染み込みます!

6.落とし蓋を取り、インゲンを加えて全体を絡ませて皿に盛り付け、おろしたゆずの皮(少々)を振って【筑前煮】の出来上がり 


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “筑前煮”

  1. ようこぴょん より:

    作りました!
    とっても美味しかったです!
    個人的には、ごま油じゃない方が好み。二回作りました♥
    また、作ります。
    ありがとうございました♥

  2. 三ツ星主婦 より:

    ようこぴょんさん
    コメントを下さって、ありがとうございます。下茹でするから、あまり煮込まずとも味が染みて、美味しかったですよねぇ!
    2回も作られたんですかぁ、すごいですねぇ!! お好きなんですね(^_-)-☆ また、作る時には、どうぞ~(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓