坂井家のハンバーグ




2012年9月23日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~豚ひき肉料理SP~

ウチゴハンでは、節約の強い味方『豚ひき肉』を使って、料理の鉄人でおなじみの坂井宏行シェフが、【坂井家のハンバーグ】を作って紹介していました。

江角マキ子さんの【油揚げのひき肉ロール】も、ほどほどにボリュームがありましたが、この【坂井家のハンバーグ】は、レンコンや椎茸、つなぎに冷ご飯を加えて、かなりのボリュームがありました!!

まず、やわらかい!!豚肉だけとは思えないほど、やわらかい仕上がりです。次に、イチゴジャムのソースが、「普通」でビックリ\(◎o◎)/!

作ってみたらしょう油と砂糖の代わりにイチゴジャムを使った、ということなんですが、酸味はあまり感じられず、少し甘めのソースでおいしい(*^。^*) 。

私はわさびを省略。こんぶだしに代わってかつおだし。バター少なめで作りましたが、フルーティーなソースに仕上がって、なかなかでした♪

少し私は煮詰めが足りなかったようで、サラサラしていました(^_^;) 放送では、もう少しトロミがあるように見えました。

最後になりましたが、レンコンの食感がアクセントになって、これまたいい感じです♪ 棒でたたくので様々ですが、やや大きめの1~1.5cm角くらいがいいかもしれません。

坂井宏行シェフの【坂井家のハンバーグ】レシピ

<材料> 4人分

(肉だね)
 豚ひき肉…300g
 冷ご飯…200g
 玉ネギ…1/2個
 しいたけ…4枚(私は、シメジで)
 レンコン…80g

 水…大さじ1~4
 コンソメ(顆粒)…少々
 ケチャップ…大さじ2
 塩・コショウ…各少々

(特製ソース)
 水…200ml
 こんぶだし…小さじ1(私は、かつおだしで)
 イチゴジャム…40g
 しょうゆ…20ml
 わさび…少々(私は、省略)
 バター…20g
 コショウ…少々

オリーブオイル…適量
バター…40g

【坂井家のハンバーグ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:1/2量の2人分

*ハンバーグを作る*
1.冷ご飯は、軽く包丁でたたいて細かくします。

(包丁にくっついてきて、あまり細かくできませんでした。少し凍ってる状態がおすすめかと) 

玉ネギとしいたけはみじん切りにし、レンコンは布で包んでめん棒などを使って粗く潰します。

コップに、水・コンソメ(顆粒)を溶かして冷やしておきます。

※肉ダネにご飯を入れることで、ジューシー感UP!さらにお肉が少なくてもボリューム感満点!
※レンコンは、切るより潰した方が食感が楽しめます!

2.フライパンにオリーブオイルをひき中火で熱し、しいたけ・玉ネギの順にしんなりするまで炒め、レンコンを加えてさっと炒め合わせて一旦取り出し、粗熱を取ります。 

3.ボウルに豚ひき肉・2の炒めた野菜・1の冷ご飯を入れ、氷水で冷やした手でよく混ぜ合わせます。 

ケチャップ・塩・コショウで下味をつけ、さらに粘りがでるまでよくこね、1の冷やしたコンソメスープを少しずつ加えて練り合わせ、4等分にし俵形に形作ります。 

※コンソメスープは、肉ダネの柔らかさに応じて加減して加えてください。

4.フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でハンバーグの表面を焼き、ヘリに寄せて側面も焼きます。 

5~6分ほど焼いて返したら、フタをして弱火にし、3分ほど焼き火を通します。

最後にバターを加え、全体に絡むようにもう一度返して香りをつけお皿に移します。

(私は、香り付けのバターを忘れました) 

※柔らかいので、返す時は崩れないように注意しましょう!

*ソースを作る*
5.ハンバーグを取り出したフライパンに、水・こんぶだしを加えて強火で煮立たせ、イチゴジャムを加えてスプーンなどで潰しながら2分ほどよく混ぜます。 

煮詰まってきたら随時こんぶだしを加えて伸ばし、しょうゆ・わさび・バター・コショウを加え混ぜ合わせます。

(写真右:私は煮詰めが不足なまま、調味料を入れてしまいました) 

※イチゴジャムとこんぶだし、さらにしょうゆとわさびなど、意外な取り合わせがまるでデミグラスソースのような味わいに!!

(私は、わさび省略。かつおだし使用。バター少なめで)

6.4のお皿に盛ったハンバーグに5のソースをかけて【坂井家のハンバーグ】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓