味噌肉じゃが




2013年1月6日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~肉じゃが~

ウチゴハンでは、長寿の里・長野県高山村で毎日当たり前のように食べられている『お味噌とリンゴ』に着目。

ウチゴハンお馴染み堀佐知子シェフが、【味噌肉じゃが】を作って紹介していました。

ポイントは、味付けに醤油を使わずにお味噌を。砂糖を使わずにりんごを使うところが、斬新なレシピです!!

材料が揃ってたので、豚こま肉をバラ肉代用で、早速、作ってみました! すごい、りんごの甘さにビックリです\(◎o◎)/! 砂糖を加えたか?と疑うほど、甘いです。みそ味の肉じゃがも、いいですねぇ~!(^^)! 

残念だったのは、じゃがいもが、少しかたかったことです(^_^;) 「大きめの一口大に切る。」というので、大きめにしましたが、それほど長く煮込まないので失敗(>_<)

 「(普通くらいの)一口サイズに切る。」 もしくは、火加減の調整が必要と思われます。 りんごは、「ふじ」を私は使いました♪

堀佐知子流!ご長寿【味噌肉じゃが】レシピ

<材料> 4人分

ジャガイモ…4個(480g)
ニンジン…1本(160g)
玉ネギ…1個(280g)
リンゴ…1個(280g)
豚こま切れ肉…200g
万能ネギ…適量

サラダ油…大さじ2
水…300ml・大さじ1
「ほんだし」…小さじ1/2
みそ…60g※放送:赤&白みそを1対1で使用

【味噌肉じゃが】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量

1.ジャガイモ(4個480g)の皮をむいて大きめの一口大に切る。

ニンジン(1本160g)は皮を剥いて乱切り、玉ネギ(1個280g)はくし切りにする。

りんご(1個280g)は芯を取って皮ごとすりおろす。 

広告

※リンゴは皮ごとすりおろして、皮に含まれるリンゴポリフェノールをがっちり取り込む!

2.フライパンにサラダ油(大2)を引いて、豚こま切れ肉(200g)を2分ほど焼き、ジャガイモ・ニンジン・玉ネギを加えて3分ほど表面に焼き色が付くまで炒める。

※味噌は味が中まで染み込みにくいので、鍋よりフライパンを使って表面に煮絡める方が早く美味しく仕上がります! 

※野菜の表面に焼き色が付くまで炒めることで、香ばしく煮くずれも防げてよい

(私は、豚バラ薄切り肉を使用しました)

3.2に水(300ml)・「ほんだし」(小1/2)を加え、濡らしたキッチンペーパーで落し蓋をし、強火で7分~8分煮る。 
 
 

私は途中、じゃがいもを返しましたが、若干かため。

⇒火加減の調整もしくは、切り方に注意が必要と思われます。

4.ジャガイモが柔らかくなってきたら中火にし、水(大1)で溶いたみそ(60g)・すりおろしたリンゴを加えて混ぜ合わせます。

ひと煮立ちさせ、強火にして2~3分ほど煮込んでリンゴの水分と酸味を飛ばす。 

※放送:味噌は他の種類と混ぜ合わせることで、風味とコクが出る!

⇒赤みそ:白みそを1対1の割合で加え、味に深みと奥行きをプラス! 

(私は、ウチにある合わせ味噌のみ使用です)

5.お皿に盛り付け、刻んだ万能ネギ(適量)をちらして【味噌肉じゃが】の出来上がり

※万能ねぎの硫化アリルが、豚肉のビタミンB1の吸収を高める

●放送を参考にしながら、作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓