フライパンでローストビーフ




2012年9月2日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~ローストビーフ~

ウチゴハンで、フライパンで簡単に作れる!【ローストビーフ】を作って紹介していました。

今年は、【ローストビーフ】のレシピ紹介が頻繁(^O^)/ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング、男子ごはん、はなまるマーケット、ノンストップ!など多数の番組で紹介していて、どのレシピで作ろうかなぁ~と、悩みましたぁ(^_^;)

っで、最終的にオーブンを使わずに、フライパンで作る!という、気軽で作りやすいウチゴハンで紹介された作り方を選択、我が家でも作ってみました。

思いのほか、簡単に作れましたぁ!(^^)! ソースも、合わせて同じフライパンで、ササッと作れるところも良かったです!!

で、作った感想は・・・ちょっと、かたかったけど美味しい(*^。^*)。肉の質?火の通りすぎ?! なんだか、どうも「生肉」に抵抗を感じて、焼き目をつけすぎたかなぁ~。フライパンで作ったからなのかなぁ? 

初めて作りましたが、思った以上に簡単に作れたので、また作ってみたいと思います。今度は、オーブンで仕上げて肉のかたさを確認してみたいと思います!!

ちなみに、グレイビーソースはもう少しサッパリした方が好みでした。油を少し拭き取ってから、調味料を加えたらよかったようです♪ 

フライパンでできる!【ローストビーフ】レシピ

<材料> 4人分

牛もも塊肉(ローストビーフ用)…600~700g
塩…小さじ1
サラダ油…大さじ1
タイム(またはローリエなどのハーブ)…適量

(グレイビーソース)
赤ワイン…100ml
しょうゆ…大さじ3
ハチミツ…大さじ2(40g)
酢…大さじ1

フライパンでできる!【ローストビーフ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:牛肉440g(ソース1/2量)

*ローストビーフを作る*
1.牛肉(600~700g)を冷蔵庫から出して、常温で30分置き、塩(小1)を全面にふってザラザラがなくなるまでよくすり込みます。

※肉は、冷たいままだと火の通りが悪くなり、焼きムラや失敗の原因になるので、調理の30分前に常温に出しておくのが最大のポイント! 

※塩をすり込んで余分な水分を出すことで、火の通りがよくなります!

2.1の余分な水分をキッチンペーパー等でふき取り、フライパンにサラダ油(大1)を中火で熱し、タイム(適量)を入れて5~6分かけて全面に焼き色を付けます。 


※タイムはローリエなど他のハーブでもOKです!

(写真右:ローリエを使用しました)

3.フタをして10分ほど、弱火で蒸し焼きにします。途中、何度か肉を返します。 

4. 取り出した肉をアルミ箔で包み、粗熱が取れるまで30分ほどおきます。 
 

※アルミホイルでじっくり冷ますことが、肉汁もれ、血のしたたりをなくすポイント!

*ソースを作る*
5.肉を焼き、油とタイムが残った4のフライパンに、赤ワイン(100ml)・しょうゆ(大3)・ハチミツ(40g大2)・酢(大1)を加え、中火で5分ほど煮立てます。

だいたい半量になって、少しとろみが出てきたらOKです! 

6.粗熱が取れた4の肉を薄くスライスし、5のグレイビーソースを添えて【フライパンでローストビーフ】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓