トウモロコシのかき揚げ




2012年8月5日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~トウモロコシ~

ウチゴハンでは、笠原将弘シェフが「トウモロコシの無い人生は考えられない」「自称とうもろこしのKING~キング」と、トウモロコシ餅やトウモロコシソース、和えものなど沢山のレシピを紹介していました。

その中から、【トウモロコシのかき揚げ】 と 【トウモロコシの炊き込みご飯】 を作ってみました。

【トウモロコシのかき揚げ】は、ちょっと衣がゆるすぎたようで、とうもろこしが油に散ってしまって、なんとか形になってるものを食卓へ(^_^;)

我が家では、レモンおろしでなく、大根おろしとポン酢を合わせていただきました。

【トウモロコシのかき揚げ】レシピ

<材料> 4人分(16個分)

豚コマ切れ肉…200g
トウモロコシ…小2本(正味240g)
小麦粉…60g(大さじ6) ・適宜
卵…1個

サラダ油…適量

(レモンおろし)
大根おろし…大さじ6(90g)
レモン汁…大さじ1
塩…ひとつまみ
砂糖…小さじ1

【トウモロコシのかき揚げ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:1/3量で5個

1.ボウルに身を外したトウモロコシ(生、または茹でて)、細かく切った豚コマ切れ肉、小麦粉を加えて全体にまぶすようによく混ぜます。 

※揚げた時にトウモロコシがはねる場合があります。やけどに注意!心配な方は、ゆでトウモロコシをご使用ください。

(私は、生のとうもろこしで作りました。ハネは、しませんでした。)

2.1のボウルに卵を加え、さらに混ぜます。衣がゆるすぎるようなら、小麦粉(適宜)を足して調整します。

※衣は、具材がギリギリくっつくくらいにするのが失敗しない秘訣です!

3.フライパンに2cm程度油を注ぎ火にかけ、140度の低温から、2を16等分し手で丸めて、強めの中火で約5分、揚げ焼きにします。 

4.ヒゲの部分は、茶色い部分を切り落とし、約160度の油に入れ、弱火で3分ほど、箸で常時広げながら薄く茶色に色着くまで揚げます。

取り出し、全体に空気が通るようにフワっと広げ油を切ります。 

5.3のかき揚げをお皿に盛ります。
大根おろしにレモン汁・塩・砂糖を加えたレモンおろし、4の揚げたヒゲを添えて【トウモロコシのかき揚げ】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓