ツナの茶巾玉子あんかけ




2012年11月11日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン・シェフの節約レシピ

~ツナ~

ウチゴハンでは、ツナ缶を使った節約レシピということで、和食『賛否両論』の笠原料理長が、【ツナの茶巾玉子あんかけ】を作って紹介していました。

江角マキコさんの【ツナのピリ辛春雨炒め】に続いて、こちらも早速、作ってみました。まずは、盛り付け方を間違えました(+_+) 絞った方を上にするべきでした。逆さまですm(__)m

気を取り直して・・・味の感想は、ツナ&卵のほかに長いもも入ってボリュームアップの茶巾です!長いものサクっ&トロッの食感がアクセントになるひと品。あんかけは、上品な味付けで懐石料理のよう!

ですが、ちょっと大きすぎかな。半分の大きさでいいくらい(^_^;) 。飽きるほどではありませんが、1人前144円よりさらにお安くなる節約レシピかと思いました。ちなみに、あんかけは1/4量で2人分に十分な量が作れました。

尚、茶巾にするのが面倒な場合は、フライパンでお好み焼きのように焼き上げて【天津飯】にするのもオススメとのことでした。この方が、丼ぶりでメインになって、なるほど!いいかもしれませんね~(^_-)-☆

笠原流!【ツナの茶巾玉子あんかけ】レシピ

<材料> 4人分

長ネギ…60g
長芋…120g
卵…4個
ツナ缶(フレーク)…大1缶(165g)
しょうゆ…小さじ1

(あん)
水…600ml
「ほんだし」…小さじ1
しょうゆ…40ml
みりん…40ml
水溶き片栗粉…適量
かいわれ大根…1パック(65g)

【ツナの茶巾玉子あんかけ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:材料1/2(あんは1/4量で2人分作れました)

広告

*茶巾作り*
1.長ネギはみじん切り、長芋は皮をむいてみじん切りにし、卵は溶いておきます。

椀を4つ用意し、大きめにラップを広げてかぶせておきます。 

※長いもは、すりおろさずにみじん切りすることで、食感が残り楽しめます!

2.フライパンを中火で熱し、ツナを汁ごと入れて1分ほど炒めます。

長ネギ・長芋を加え2分ほど炒め、しょうゆを加えてさっと炒め合わせます。 

3.弱火にし、溶き卵を流し入れて全体を混ぜ合わせ、1分ほどで火を止めます。
※加熱しすぎに注意!固まりきらない半熟状態にするのがポイントです! 

●右写真では、半熟過ぎました。ラップに包んだ3分後も卵液が流れる感じ(汗)

⇒ラップに包んだまま、電子レンジで1分ほど加熱して、固めました(^_^;)

4.ラップをかぶせた椀に3の玉子を4等分し分け入れ、ラップで包み、巾着の様な形にして上をしぼめ、輪ゴムなどでとめます。

そのまま3分ほど余熱で火を通し固めます。 

*あん作り*
5.鍋に、水・「ほんだし」・しょうゆ・みりんを入れて強火でひと煮立ちさせます。

※和食のあんかけの黄金比率は、だし:しょうゆ:みりんが15:1:1 

水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、さらにひと煮立ちさせて火をとめます。

2~3cm幅に切ったかいわれ大根を加え、全体を混ぜ合わせます。

※カイワレ大根には、ツナに含まれる鉄分の吸収を促すビタミンCが豊富!

6.4の茶巾玉子をラップからはずして器に盛り付け、5のあんを全体にかけて【ツナの茶巾玉子あんかけ】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

3 Responses to “ツナの茶巾玉子あんかけ”

  1. 久保 雅文 より:

    ふむふむ。

  2. さら より:

    おぉ!とっても綺麗な茶巾絞りですね!なぜか私が作ったのは茶色っぽかったです´д` ;長芋の食感がとても良かったですよね🎵今日も夕飯に迷ったので、ここを見させてもらいました。
    上沼さんの豚肉ゴマだれ焼きを作ります(^-^)/

  3. 三ツ星主婦 より:

    さらさん
    >とっても綺麗な茶巾絞りですね!
    ありがとうございます。大っきなまんじゅうのようですがね(^_^;) 長いもの食感がいいですよねぇ↑↑↑
    豚肉ゴマだれ焼きは、練りごまがいいコクを出して、ご飯のすすむ料理です。もう作られましたかぁ?
    いつもご覧いただいて、コメントまで下さってありがとうございます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓