もやしの柳川丼ぶり




2012年5月20日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン・シェフのアレンジごはん

~もやし~

もやしを使った節約レシピ【もやしの柳川丼ぶり】を和食の中村孝明さんが作って、1人前116円と節約レシピ第1位!と紹介していました。

節約といえども、見栄えは大事!「和食の5原色(白・黒・赤・黄・緑)」を取り入れれば見た目も美しく、華やかな料理になります!と中村オーナーシェフ。

赤色のカニカマはいいダシになるし、緑色の三つ葉も目に鮮やかで、香りもいいから、外せません!肉が入ってなくて、少々食べるまで不安でしたが、モヤシの食感も残ってて、思った以上に美味しかったです(*^。^*)

あっという間にも出来上がって、ご飯を丼ぶりに盛るのに、慌てたくらい、時短レシピでした!!ちなみに、1人分の材料で、我が家では2人分(私が、ミニ丼ぶりで)を作ることが出来ました♪♪♪ 究極の節約丼ぶりレシピかも?!

中村 孝明さんの【もやしの柳川丼ぶり】レシピ

<材料> 4人分

もやし…400g
カニ風味かまぼこ…8本
三つ葉…1束
卵…8個
ご飯…適量
粉山椒(または黒コショウ)…少々

(だし汁)
 水…480ml
  「ほんだし」…小さじ1/2
 濃口しょうゆ…80ml
 みりん…80ml
 砂糖…20g

【もやしの柳川丼ぶり】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方>  写真:1人分

1.モヤシは、サッと湯がいて、ザルに上げ、氷水にさらして水気を切っておきます。

カニ風味かまぼこを手でほぐし、三つ葉は約2cm幅に切ります。 


※もやしは5~7秒程度、さっと湯がくことで、シャキシャキ感が増します!
 

(私は、モヤシを氷水にさらす工程を省略)

2.ボウルににだし汁の水・「ほんだし」・濃口しょうゆ・みりん・砂糖を合わせます。

3.2の合わせだし汁を入れて沸かし、カニ風味かまぼこを入れて煮立てます。 


4.もやし・三つ葉を入れて火を通し、ゆるく溶いた卵を2回に分けて回し入れて火を止めます。

蓋をして10秒ほど余熱で卵を半熟にさせます。 
 

5.丼にご飯をよそい、その上に4を盛り、粉山椒(または、黒コショウ)を振って【もやしの柳川丼ぶり】の出来上がり

●ちなみに、2位「もやしカルボナーラ」3位「バラニラもやし炒め」も、順に作りアップしたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓