ひき肉とニラのパリパリみそ餃子

miso-gyoza.jpg2011年5月1日(日)
テレビ朝日

ウチゴハン

~変わり餃子~

手軽でおいしい!定番おかずの「餃子」を見て驚いて、食べてもいつもと少し違う変わり餃子を作って紹介していました。

見た感じ円形に焼いただけのように見えるかと思いますが、本当は、もっとUFOのような円盤型で羽根ができるはずでした(>_<)

小さいフライパンで作って失敗しちゃったんです(^_^;) 食べづらかったし・・・(T_T)

でも、せっかく作ったので、ご興味のある方は、続きに【ひき肉とニラのパリパリみそ餃子】のレシピ・作り方を書きました。(本来のご覧になりたい方は⇒ウチゴハンHPをどうぞ)

広告


【ひき肉とニラのパリパリみそ餃子】のレシピ

<材料>  4人分

(タネ)
  豚ひき肉・・・200g
  おろしショウガ・・・1/2カケ(5g)
  鶏がらスープの素・・・小さじ1/2
  片栗粉・・・小さじ1
  コショウ・・・小さじ1/4
  ごま油・・・小さじ1
  ニラ・・・1/2把(50g)
  みそ・・・大さじ2
     
サラダ油・・・適量
餃子の皮・・・1袋(25枚)
     
(のり)
  小麦粉・・・大さじ1
  水・・・大さじ1
    
(タレ)

  大根おろし・・・200g
  みそ・・・大さじ2
  酢・・・大さじ1
  豆板醤・・・小さじ1
    
(仕上げ用)
  小麦粉・・・大さじ1
  水・・・70ml

  ごま油・・・小さじ1

<作り方>  (写真:材料半量 20cmフライパン)

*タネを作る*
1.タネの豚ひき肉・おろしショウガ・鶏がらスープの素・片栗粉・コショウ・ごま油・ニラを加えてよく練り混ぜ、最後にみそを加えて混ぜる。
miso-gyoza1.jpg

広告

※ニラは塩もみや水抜きが必要ありません!しかも香りが強いのでニンニクの代わりにもなります!
みそでタネに味付けすることで、コクとうま味がUP!ひき肉とニラのつなぎの役割も担っています!


*成形し焼く*
miso-gyoza3.jpg
2.冷たいフライパンに、キッチンペーパーに油を浸して薄く塗り、1/2量の餃子の皮をずらしながら円周状に並べ、その上に、1のタネを棒状にまとめてのせる。

3.のり用の小麦粉、miso-gyoza5.jpg水を溶いて、下に敷いた皮にぬり、タネの上に、残りの皮もずらしながら乗せ包むようにしておさえながらとめる。

※皮やタネをパイのようにして焼くことで、一つ一つ包む手間が省けて簡単です!

4.中火にかけ皮に焼き色が付くまで10分ほど焼く。

*タレを作る*
5.タレの大根おろし・みそ・酢・お好みで豆板醤を混ぜ合わせて、タレを作る。


*仕上げ*

6.4の餃子の回りの皮がかたくなってきたら、小麦粉を溶いた水を加え、フタをして3分ほど蒸し焼きにする。
水分が飛んだら、香り付けのごま油を加えきつね色に焼きあげ、さらに2分焼きます。

miso-gyoza6.jpg
7.フライパンに皿をかぶせて裏返し、皿にのせそのままフライパンに戻し裏側も2~3分焼く。
そのままずらして器に盛り付け皿の上で切り分ける。5のタレを添えて【ひき肉とニラのパリパリみそ餃子】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓