鶏胸肉のくるみ焼き

レシピ 奥薗壽子2014年4月22日(火)

テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学

(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~名医が認めた医食同源SP 第3弾~

今回、たけし・みんなの家庭の医学では、本当にカラダに効く食べ物が判明!『クルミが、血管若返りが期待できる。』と放送していました。

クルミと言えば、ビタミンE等の抗酸化物質が豊富で、アンチエイジングにいい!

と以前、元ミス・ユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが、オススメしていましたよねぇ♪

たけし・みんなの家庭の医学番組では、お馴染み奥園寿子さんが、クルミを使った血管の若返りが期待できるお料理を紹介していました。

実際に作ってみました!!

<感想>

その中から私は、鶏むね肉が、ちょうど少し残っていたので【鶏胸肉のくるみ焼き】を作ってみました。

実は、あまりお味を期待していなかったのですが・・・m(__)m

「おいしい!!」

塩とレモンが効いてサッパリとしつつ、クルミの食感とコクがプラスされて、胸肉でも満足感があります。

醤油は不要でした。

くるみが、思った以上に肉からはがれやすかったです(^_^.)

ちょっと手こずりました。もっと細かく砕くとよかったようです。

これは、主人にも好評(*^_^*) 
また作って、二人で血管の若返りをはかりたいと思いま~す!

広告


■■■ 奥薗壽子さんの【鶏胸肉のくるみ焼き】血管若返りが期待できるレシピ ■■■

<材料> 2人分

鶏胸肉小1枚

くるみ(無塩)14個(85g)

小1/3

ニンニク(すりおろし)

広告

小麦粉大さじ1

大さじ1

醤油少々

オリーブ油小さじ2

粗挽き胡椒適宜

レモン適宜

ベビーリーフ適宜

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M / 写真:1/4量ほど

1.くるみ(14個85g)はポリ袋に入れて麺棒で叩き、細かく砕きます。 レシピ 奥薗壽子

※くるみは小さめに砕いたほうがきれいに衣になる

(放送では、写真よりも細かく砕いたものでした)

2.鶏胸肉(小1枚)は皮をはぎ、一口大に切ってポリ袋へ入れ、塩(小1/3)、すりおろしニンニク(1かけ)を入れてなじませます。
水(大1)で溶いた小麦粉(大1)と醤油(少々)を入れてさらに混ぜ合わせます。 レシピ 奥薗壽子

●鶏肉は、削ぎ切りするとクルミがつきやすくいいかと思いました。また、火の通りも早いので、クルミを焦がすことも防げるかと思います。

3.肉全体に小麦粉が絡まったらポリ袋を切り開き、1の細かく砕いたくるみをまんべんなくまぶします。
フライパンにオリーブ油(小2)をひき、中火で両面をこんがりと焼きます。 レシピ 奥薗壽子

※フライパンで焼くことで、くるみの香ばしさとコクが引き立つ

4.鶏肉に箸がすっと通ったらベビーリーフ、レモン(各適宜)と盛りつけて、【鶏胸肉のくるみ焼き】の出来上がり 。好みで、粗挽き胡椒(適宜)、醤油(少々)をかけてどうぞ。

●たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “鶏胸肉のくるみ焼き”

  1. ピヤノ より:

    レモンもくるみも省略だけど
    美味しかった~80点
    「5時に夢中」を観た後はテレビを消すので
    ブログ助かりますです

  2. 三ツ星主婦 より:

    ピヤノさん
    >レモンもくるみも省略だけど、美味しかった~80点
    またも高得点!よかったですねぇ!(^^)!
    とことん「鶏むね肉」料理にこだわって、スゴイです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓