小松菜のクリームスパゲティ

みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ
2014年11月18日(火)

テレビ朝日

みんなの家庭の医学

コレステロールや中性脂肪のほかに、「尿酸」も血管の老化に大きく関わっていることが判明。

そこで、みんなの家庭の医学でお馴染み奥薗壽子さんが、美味しく食べて尿酸値オフ&血管を老けさせないレシピを考案。

【小松菜のクリームスパゲティ】 を作っておすすめしていました。

プリン体の少ない豆乳を使うところがポイント!少なめのパスタでも小松菜としめじでボリュームのある一品に仕上がります。

< 実際に作ってみました!! >

尿酸値がいくらなのか?気にしたことがありませんが、
放送でとっても美味しそうだったので、作ってみました。
身体にいいことは、積極的に取り込んでね(^^

豆乳で作ったわりに、チーズを加えるので、
思ったよりもコクがあります。
ピザ用チーズに代わってスライスチーズで作りましたが、
仕上がりに影響なく、大丈夫だったようです。

その上、ものすごいボリューム!
具材の量が、結構多いレシピです。
男性でも十分に満足のいくパスタだと思います。

◆◇◆ 【小松菜のクリームスパゲティ】  ◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★★

調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

美味しい美味しい(*^。^*)

【小松菜のクリームスパゲティ】 のレシピは続きです♪


■■■ 【小松菜のクリームスパゲティ】レシピ ■■■

<材料> 1人分 (プリン体:89.1mg)

スパゲティ…80g

ピザ用チーズ…20g

オリーブオイル…大さじ1

粗びきこしょう…適宜

(A)
ベーコン(1cm幅)…2枚(40g)

玉ねぎ(薄切り)…1/4個(50g)

小松菜(ざく切り)…1/2束(100g)

しめじ(小房)…1/2パック(50g)

塩、こしょう…各少々

(B)
豆乳…100cc

片栗粉…小さじ1/2

<作り方>   写真:2人分(ベーコン、小松菜は1人分)

1、塩の入った湯でスパゲティ(80g)を袋の表示通りにゆでます。 (湯500�tに対して塩小さじ1) みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ

※酸性食品であるスパゲティを80gと少なめにし、その分アルカリ性食品の小松菜とシメジをたっぷり使用。

2、ベーコン(2枚(40g))は1cm幅に切り、玉ねぎ(1/4個(50g))は薄切り 、小松菜( 1/2束(100g))はざく切り、しめじ(1/2パック(50g))は石づきを除き小房 に分けます。 みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ

(私は、ベーコン、小松菜が1人分と少なめです)

みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ3、フライパンにオリーブオイル(大1)を入れ、2のベーコン、玉ねぎ、小松菜、しめじを順に加えて炒め、塩、こしょう(各少々)をします。

みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ4、Bの豆乳(100cc)と片栗粉(小1/2)を混ぜたものを加え入れて、混ぜながら加熱します。

※アルカリ度が圧倒的に高く、しかもプリン体の少ない豆乳を使うことで、プリン体を上げることがない

みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティピザ用チーズ(20g)と1の湯きりしたスパゲティを入れて全体をからめます。

(私は、とろけるスライスチーズを使用です)

5、粗びきこしょう(適宜)をかけて、皿に盛り【小松菜のクリームスパゲティ】 の出来上がり。 みんなの家庭の医学の小松菜のクリームスパゲティ

●みんなの家庭の医学の放送を参考に作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓