奥薗壽子流・納豆釜揚げうどん




2013年1月29日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~名医が認めた!医食同源SP~

今回、たけし・みんなの家庭の医学では、『コーヒーには糖尿病予防に効果がある。』 『納豆には骨粗しょう症を予防・改善できる!』と放送していました。

とくに骨粗しょう症は、納豆などからビタミンKを摂取し、骨の質を良くすることが予防ポイント!と放送していました。

そこで、たけし・みんなの家庭の医学でお馴染み奥薗壽子さんが、たった1食で骨粗しょう症を予防・改善できる納豆料理!それも、カロリーオフ!と嬉しいレシピを3品紹介していました。

その中から早速、【納豆釜揚げうどん】を作って食べてみました。うどん半玉ですが、糸こんにゃくでボリュームアップ!食べ終わる頃には、十分な満腹感が得られました♪

ひきわり納豆&サバ缶の入ったつけだれも、たっぷり!「多いのでは?」と思いましたが、納豆のトロミもあってよく具材にからんで、ペロリと完食\(^o^)/

納豆嫌いな主人には、納豆に代わるビタミンKを多く含む食材を探さなくては・・・。ちなみに、納豆でも「ひきわり納豆」の方が、表面積が多いのでビタミンKも多く含むそうです♪

ほか2品【納豆ビビンバ】【納豆と餅のチーズねぎ焼き】も、また作ってアップしたいと思います。

骨粗しょう症を予防・改善!カロリーオフの納豆料理
奥薗壽子先生の【納豆釜揚げうどん】レシピ

<材料>  2人分

冷凍うどん…1玉
糸こんにゃく…1袋
水菜…1袋
油揚げ…2枚
昆布…1X10cmのもの1枚

(つけだれ)
挽きわり納豆…2パック
さば水煮缶…1缶(190g)
青ネギ…1/2束
水…100cc
しょう油…大さじ2
みりん…大さじ2
しょうが…1かけ

奥薗壽子先生の骨粗しょう症を予防・改善!カロリーオフの【納豆釜揚げうどん】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告

広告


<作り方> 写真:半量の1人分

*つけだれ作り*
1.ボウルに挽きわり納豆(2パック)、さば水煮缶(1缶190g)を入れてさばをくずしながら混ぜ、納豆に付属のタレ(2袋)、しょうゆ(大2)、水(100cc)、みりん(大2)、しょうがすりおろし(1かけ)を加えます。 

※ビタミンKは、納豆の表面に存在。そのため、丸大豆納豆よりもひきわり納豆の方が、1.5倍ビタミンKが多い!

※さば水煮缶は、カルシウム量が生さばの約29倍。さばの脂で、ビタミンKの吸収率も大幅アップ!

小口切りした青ネギ(1/2束)を加えてつけだれの出来上がり。小さい器によそいます。 

※青ネギは長ネギの約3倍のカルシウム量を含む。ビタミンKも含む食材。


*うどんの準備*

2.鍋に湯を沸かし昆布(1X10cmのもの1枚)をキッチンばさみで細かく切り、冷凍うどん(1玉)、糸こんにゃく(1袋)を加えます。

※昆布を細かく切ることで、旨味が増し、具材としても食べられる! 

(右写真:解凍されほぐれた後、うどんは半量にして1人分を作りました)

※うどんを半量にし糸こんにゃくを加えることで、カロリーを抑えられる。かつ、糸こんにゃくはカルシウムも豊富!

3.細切りした油揚げ(2枚)を加えて、最後に長さ10�pくらいに切った水菜(1袋)を加えてさっと火を通したら【納豆釜揚げうどん】の出来上がり。 

1のつけだれにつけながら、どうぞ。 

※油揚げを加えてビタミンKの吸収率をアップ!

※油揚げを細切りすることで、うどんと絡みやすくなる!

●放送参考に作りブログをあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓