奥薗壽子流・納豆と餅のチーズねぎ焼き




2013年1月29日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~名医が認めた!医食同源SP~

今回、たけし・みんなの家庭の医学では、『コーヒーには糖尿病予防に効果がある。』 『納豆には骨粗しょう症を予防・改善できる!』と放送していました。

とくに骨粗しょう症は、納豆などからビタミンKを摂取し、骨の質を良くすることが予防ポイント!と放送していました。

そこで、たけし・みんなの家庭の医学でお馴染み奥薗壽子さんが、たった1食で骨粗しょう症を予防・改善できる納豆料理!それも、カロリーオフ!と嬉しいレシピを3品紹介していました。

その中から、【納豆釜揚げうどん】に続いて、【納豆と餅のチーズねぎ焼き】を作ってみました。 小麦粉の生地(台)に代わって、油揚げ&お餅を土台に使うところが奥薗流! 

食べてみたら、桜えびの香ばしい風味と食感がいいです!!(上写真:撮影後に桜エビをトッピングしました)。

時折、とろ~り伸びるお餅とチーズもいいし、具材もたっぷりで食べ応えがあります! それだけに、たくあん・きくらげ等、味わい深くて、いい味してます。香ばしさにソースもよく合ってました。

紹介された3品の最後、【納豆ビビンバ】を作って食べるのが、今から楽しみです♪

骨粗しょう症を予防・改善!カロリーオフの納豆料理
奥薗壽子先生の【納豆と餅のチーズねぎ焼き】レシピ

<材料>  2人分

(具材)
極小粒納豆…2パック
青ネギ…1.5束(小口、細かく切る)
きくらげ…5g(水に戻して切る)
たくあん…100g(千切り)
ピザ用チーズ…100g

(生地)
油揚げ…2枚
餅…3個

(トッピング)
桜えび…10g
お好み焼きソース…適宜

水…100cc(使用方法:不明)

奥薗壽子先生の骨粗しょう症を予防・改善!カロリーオフの【納豆と餅のチーズねぎ焼き】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量の1人分

*生地の準備*
1.生地の油揚げ(2枚)を横半分、縦1�p幅くらいの短冊切りにします。
餅(3個)は、1個を6~8等分くらい小さく切ります(拍子切り)。

※油揚げをねぎ焼きの台(生地)にします

広告

*具材の準備*
2.ボウルに納豆(2パック)を入れて混ぜ、小さく切った青ネギ(1.5束)を入れてさらに混ぜ、たくあん(100g)、戻して食べやすく切ったきくらげ(5g)を加えて混ぜます。 


※きくらげはビタミンDが豊富。こりこりとした食感もプラス!


※たくあんを加えて、食感&甘みをプラス!


半量のピザ用チーズ(50g)を加えて混ぜます。

※チーズの脂でビタミンKの吸収率をアップ!

3.トッピングの桜えび(10g)をフライパンで炒め(から炒り)、良い香りがしたら取り出します。 

※桜えびはカロリーが低く、カルシウムが多い食材!


*ねぎ焼き作り*

4.3で使ったフライパンに1の油揚げを入れて炒めます。 

※フライパンをそのまま使うことで、桜エビの旨味(カス)もそのまま生地にプラス出来る!

※油揚げの油が全体に回っているので、油をひかずにOK!カロリーを抑えることができる!

5.餅も油揚げと同様にフライパンに広げます。

蓋をして、2~3分蒸し焼きにします。 
 

※餅が溶けることで、油揚げをまとめる



 

(右写真:私は、蒸し焼き後、餅の溶け具合が悪かったので、水を少し加えてさらに蒸し焼きしました)

6.餅がとろっとしてきたら、2の具材を全体に広げてのせ、残りのピザ用チーズ(50g)をまんべんなく広げのせます。 

7.チーズが溶けてきたら器に盛り、3の桜えびをトッピングして【納豆と餅のチーズねぎ焼き】の出来上がり。

お好み焼きソースを添えてどうぞ。

●放送で紹介の、「水(100cc)」の使い方の詳細が不明です。
⇒私は、餅の溶け具合いのサポートに、水を使ってみましたが。

●放送参考に作りブログをあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

One Response to “奥薗壽子流・納豆と餅のチーズねぎ焼き”

  1. 匿名 より:

    おもいっきりテレビのパクり番組だな
    テレ朝はこんなのばっかり

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓