奥薗壽子流・チキンと水菜の和風サラダ




2012年8月21日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~夏バテと疲労対策~

今回、たけし・みんなの家庭の医学で紹介された奥薗壽子さんの夏バテを解消する、鶏胸肉を使った7日間の朝ごはん!レシピ。朝に食べた方が、夏バテ・疲労回復の効果が高いということです。

どれもたったの5分で出来るとってもありがたいレシピです。おかげで、1週間分のレシピにも関わらず、4日で全レシピを作って食べてしまいました)^o^( 単に食い意地が張ってるだけなのですが(^_^;)

最後に作ったのは、【チキンと水菜の和風サラダ】です。

梅醤油のマリネ液に漬けこんだ鶏胸肉はもちろん、海苔&かつお節でより和風の感じがしました。主人曰く、水菜の苦みもチーズがカバーしてくれるようで、食べやすかった。とのことです♪

毎日、最低50gの鶏胸肉とビタミンCを1週間摂り続けることが、疲労回復できる可能性が高いと放送していました。さぁ、忙しい朝も、パパッと作って夏バテを解消しましょう!!

脳が錆びない夏バテ解消朝ごはん!
奥薗壽子先生の【チキンと水菜の和風サラダ】レシピ

<材料>  2人分

鶏胸肉のマリネ(梅醤油)…100g
水菜…1/2袋
焼き海苔…全形1枚
スライスチーズ…2枚
漬けダレ(梅醤油)…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1
かつお節…1パック
(私、ミニトマトを追加しました)

奥薗壽子先生の脳が錆びない夏バテ解消5分で出来る朝ごはんレシピ!【チキンと水菜の和風サラダ】 と【鶏胸肉のマリネ(梅醤油・わさび醤油)】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


【チキンと水菜の和風サラダ】

<作り方> 

1.鶏胸肉は食べやすい大きさに切り、水菜は5�p長さくらいに切ります。

2.ボウルに1の鶏肉、水菜、手でちぎった海苔、スライスチーズを混ぜ、漬けダレ、オリーブ油で和えます。

※焼き海苔は、ビタミンCが豊富!

最後にかつお節を混ぜて【チキンと水菜の和風サラダ】の出来上がり。

(私は、漬けダレ&オリーブ油を別器に作って、後がけにしてみました) 

(右写真:私は、梅醤油の梅肉も加えてみました)

●放送では、作り方の紹介がありませんでした。そのためサイトを参考に作りブログをあげました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

奥薗壽子先生の【鶏胸肉のマリネ(梅醤油・わさび醤油)】レシピ

<材料> 2人分

鶏胸肉…3~4枚(700g)
塩…小さじ1

水…1カップ
酒…大さじ2
ショウガ(薄切り)…1片分

(梅醤油)
梅干し…2個(種を除く)
酢…大さじ4
醤油…大さじ2
ハチミツ…大さじ1/2
サラダ油…大さじ1

(わさび醤油)
醤油…大さじ6
みりん…大さじ2
わさび…大さじ1
サラダ油…大さじ1

<作り方> 

1.鶏胸肉は皮を取り、縦半分に切って厚みを半分に切ります。

鶏肉の表面に少し切り込みを入れて、ビニール袋に入れて塩を加えて揉みこみます。 

※表面に切り込みを入れることで、火の通りがよくなり、味も染み込みやすくなります。

※塩で下味をつけることで、鶏胸肉がしっかりと仕上がります。

2.フライパンに水、酒、ショウガを入れて、沸騰したら1の鶏胸肉を並べ入れます。 

すべてを並べ入れたら順に肉を返して(放送:色が変わったくらいで)、蓋をして弱火で2分煮ます。火を止めて5分置きます。
 

※余熱で火を通すことで、しっとりと鶏胸肉が柔らかくなります

3.厚手の袋(密封できる)に梅醤油の梅干しを入れて手ですり潰します。他の酢、しょう油、ハチミツを入れます(写真右)。サラダ油は除くきます。 

同様に、別の袋にわさび醤油の醤油、みりんを入れます(わさび、サラダ油は除く)。

4.2の鶏胸肉を3のマリネ液の袋に移します(梅醤油400g・わさび醤油300g)。

サラダ油を各大さじ1ずつ加えて漬け込みます。

※最後に油を加えることで、鶏胸肉をコーティングし、しっとり保存させる効果があります。

粗熱がとれたら、わさび醤油の袋にわさびを加えます(写真右)。 

※わさびを粗熱がとれてから入れることで、香りが引き立ちます。

空気を抜いて保存します。茹で汁も冷まして冷蔵庫で保存します。

⇒茹で汁は、 【冷製チキントマトスープ】 で、使用します。

●【鶏胸肉のマリネ(梅醤油・わさび醤油)】を使った紹介の他レシピでした。

【チキンとゴーヤのサラダ】
【チキンとトマトのチーズトースト】
【チキンとカイワレの海苔巻き】
【チキンとキャベツのサンドイッチ】
【冷製チキントマトスープ】
【チキンとモロヘイヤのオムレツ】

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓