さば缶カレーそぼろ

みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ
2015年2月17日(火)

テレビ朝日

みんなの家庭の医学

~名医が認めた新効果!カラダ(秘)老けないSP~

昨日のみんなの家庭の医学 では、心臓の冠動脈の骨化を防ぎ心臓の若返りをはかりましょう、と放送していました。

「カルシウム」、「EPA」、「ビタミンK」。この3つの栄養素を一定量摂る小分けの食べ方が、心臓の若返りには効果的なんだそうです。

そこで、みんなの家庭の医学でお馴染み奥薗壽子さんが、心臓を若返らせるとっておきの作り置きおかず3品を紹介していました。

その中でも、【さば缶カレーそぼろ】 はサッと作れるクイックレシピ!「さばカレーピラフ」や「さば缶カレーそぼろ納豆」、「さばカレーうどん」などにもアレンジ出来るという重宝なレシピです。

< 実際に作ってみました!! >

パセリとサバ缶、少ない食材で作れます。
ちょうど家に食材が揃っていたので、早速作ってみました。

たしかにサッと作れて簡単スピードメニュー!
サバ缶で和食としてご飯に合うのかと思いきや・・・。

カルシウムを多く含む粉チーズをたっぷりと加えることで、
洋風の味わいも感じられます(*^_^*)

納豆を加えてパンにサンドと放送してましたが、
食べるまでは、「ないなぁ・・・」と思ってました(^_^.)
でも、明日にでもパンと合わせてみようかと(^^♪

◆◇◆ 【さば缶カレーそぼろ】  ◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★★

調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人的にあまりサバ缶を好まないので、
星2つとしましたが、常備菜として、
心臓を若返らせられるなら(^^)v

【さば缶カレーそぼろ】 のレシピは続きです♪


■■■ 【さば缶カレーそぼろ】レシピ ■■■

<材料> 3食分

さば水煮…1缶

パセリ…1束

生姜…1かけ

カレー粉…大さじ1

みりん…大さじ1

醤油…大さじ1

オリーブ油…小さじ1

粉チーズ…大さじ2

<作り方>

1、パセリ(1束)をみじん切りにします。 みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ

※パセリはカルシウム、ビタミンKを多く含む食材

2、フライパンにオリーブ油(小1)をひき、1のパセリを炒めます。 みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ

※ビタミンKは油で調理することで、身体への吸収率が高まる

●パセリを炒めることで、苦味が消え、他の食材と合わせやすくなる

3、2のフライパンにさば水煮(1缶)を汁ごと、すりおろした生姜(1かけ)、醤油(大1)、みりん(大1)、カレー粉(大1)を加えて汁気がなくなるまで混ぜ合わせます。 みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ

4、水気がなくなったら、最後に粉チーズ(大2)を加えます。みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ 


※粉チーズは、牛乳の10倍のカルシウムを含む

5、器に盛り、【さば缶カレーそぼろ】 の出来上がり。 みんなの家庭の医学のさば缶カレーそぼろ

≪アレンジ料理≫

さばカレーピラフ、さば缶カレーそぼろ納豆、さばカレーうどん

●みんなの家庭の医学の放送を参考に作ってみました。 

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓