きくらげの胡麻酢漬け

kikurage-suzuke.jpg2011年6月7日(火)
テレビ朝日

たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学
(旧:たけしの本当は怖い家庭の医学)

~「立ちくらみ・めまい」徹底解明・骨粗しょう症予防~

耳の中の石を強くして、「めまい」を予防しましょう!

と、カルシウムたっぷりで、毎日食べても飽きないお料理をたけし・みんなの家庭の医学でお馴染み奥薗壽子先生が、

【きくらげの胡麻酢漬け】
【さばトマたれ】
【水菜のわさびドレッシングサラダ】 の3品を紹介していました。

どれも作ってみましたが、超簡単なレシピでいいです!

「きのこ」を使った酢のものを!ということで、しめじとか想像してたら、あれ?キノコは???

「きくらげ」が、キノコだったんですねぇ~まったく、私の中では「きくらげ」の存在が薄いことに気がつきました(^_^;)

カルシウム&ビタミンDを多く含む食材なので、これを機にシメジやシイタケのように、きくらげも使おうっと!

コリコリとした歯応えとキュウリの食感と噛む回数も増えて、酢の味付けだし、なんだか1番健康的なひと品のように感じました~

奥薗壽子先生の「立ちくらみ・めまい」を予防する奥薗流カルシウムたっぷり料理【きくらげの胡麻酢漬け】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

広告


【きくらげの胡麻酢漬け】奥薗壽子先生のレシピ

<材料> 2人分 

きくらげ(乾燥)・・・10g
きゅうり・・・1本
 塩・・・少々
ちりめんじゃこ・・・放送:記載なし(恐らく20~30gか)

(合わせ酢)

  水・・・大さじ2
  酢・・・大さじ2
  砂糖・・・大さじ1

広告

しょう油・・・少々
炒りごま(白)・・・大さじ4

kikurage-suzuke1.jpg
<作り方> 

1.フライパンにきくらげ、水(分量外)を入れて、蓋をして加熱します。

kikurage-suzuke2.jpg
沸騰したら火を止めて5分置きます。

※きくらげは、カルシウム&ビタミンDを多く含みます

2.キュウリを小口切りにし、塩揉みします。
(放送:表面を縞に薄くむいていました)

※キュウリには、ビタミンKを含みます。kikurage-suzuke3.jpg

3.ボウルに水、酢、砂糖を合わせて合わせ酢を作ります。
そこに、ちりめんじゃこを加えます。


※ちりめんじゃこで、塩分、旨味、カルシウムも摂れます。
(ちりめんじゃこは、シラス干しの約2倍のカルシウムを含みます)
kikurage-suzuke4.jpg

4.1のきくらげが戻ったら、水気を切ります。2のキュウリも水気を絞って、3の合わせ酢に加え入れます。

5.4にしょう油をかけて、炒りごまを加えてよく混ぜ合わせたら器に盛り付けて【きくらげの胡麻酢漬け】の出来上がり

※炒りごまは、カルシウム&ビタミンKを含みます。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “きくらげの胡麻酢漬け”

  1. 近藤龍二 より:

    奥薗氏の料理は簡単で、以前から興味がありました。今後も期待しています。

  2. 三ツ星主婦 より:

    近藤龍二さん
    >奥薗氏の料理は簡単で
    そうですね!簡単で嬉しいです。
    その上、このレシピの「きくらげ」などは
    ものすごく久しぶりに食した食材で、栄養の面でもありがたい限りです 書き込みをありがとうございます。

近藤龍二 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓