かぼちゃ蒸しパン

pumpkinmusipan2009年10月13日(火)
テレビ朝日

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
~病にならないための旬レシピ~
  『かぼちゃの旬レシピ』

この時期(10月)ベータカロテンが倍になって栄養たっぷりの「かぼちゃ」を食べてほしいということで、かぼちゃのスイーツを紹介していました。「蒸しパン」なので、とってもヘルシーでおやつに夜食にぴったりです!!

特別な道具を使わずに気軽に作れるレシピで、さすがカリスマ奥薗壽子先生です!
 ↓  ↓
【かぼちゃ蒸しパン】奥薗壽子先生レシピ

<材料> 4人分

カボチャ…1/8個
バター…大さじ2

小麦粉…100g
砂糖…50g
ベーキングパウダー…小さじ1

卵…1個
牛乳…50cc

※カボチャが甘かったので、砂糖を減らして(30g)私は作りました。お好みで調節して下さい

<作り方>

1.カボチャのワタを残して種を取り除き、皮を残したまま一口大に切る。
※ワタの部分に栄養(ベータカロテン)が1番ある

*カボチャを8分ほど蒸す*pumpkinmusipan1
2.ザルにオーブンシートを敷き、1のカボチャを入れる

3.鍋に湯を沸かし、ザルが湯に浸らないように、丸めたアルミホイルで底上げをし、2のザルをのせて鍋の蓋をして、8分ほど蒸す
(蒸し器のない場合です)

4.蒸しあがったカボチャにバターを加えて、オーブンシートの上で粗めに潰す。
(蒸しあがった時に、カボチャ感が出るよう粗めでOK)
※バターの脂肪分でベータカロテンの吸収率をアップ

*生地作り*
5.ボウルに小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを入れてかき混ぜるpumpkinmusipan2

6.5のボウルの中央に卵、牛乳を加え入れて、泡立て器を立てるようにして、周りの粉と液体を少しずつ混ぜ合わせる
※ダマにならずに上手に混ぜることができる

7.4のカボチャを加えて混ぜ合わせる

pumpkinmusipan38.ザルに先ほど使用のオーブンシートを敷き、7の生地を入れて、鍋の蓋をして20分ほど蒸す
(3の蒸した時と同じ要領で蒸す)

9.竹串を刺して何もつかなければ「かぼちゃ蒸しパン」の完成!

pumpkinmusipan4
かぼちゃの身の部分よりも、ベータカロテンが多いという 「皮」  も、しっかり入って(写真左)、栄養たっぷりのヘルシーなスイーツ。  とってもおすすめです★★★

同日放送の~病にならないための旬レシピ~
【かぼちゃほうとう】⇒レシピはこちら
【かぼちゃグラタン】⇒レシピはこちら
【焼きサバのちらし寿司&サバの味噌煮】⇒レシピはこちら
 ↑   ↑   ↑
カリスマ奥薗壽子先生の「手軽」にできて、栄養をたっぷり摂れる嬉しいレシピです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓