かぼちゃほうとう

hotokuzono2009年10月13日(火)
テレビ朝日

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
~病にならないための旬レシピ~
  『かぼちゃの旬レシピ』

今の時期、ベータカロテンなどの栄養が豊富になって、体にいい「かぼちゃ」をあますことなく摂取でき、体の芯から温まる 「ほうとう」 を奥薗壽子先生は紹介していました。「ほうとう麺」 も、自家製で1時間のところ、わずか10分で作れる方法も奥薗先生は教えてくれました。
 ↓ ↓
【かぼちゃほうとう】レシピ

<材料> 4人分

(ほうとう麺)
薄力粉…200g
熱湯…150cc
塩…小さじ1/2

昆布…1X10cm
干しシイタケ…4枚
かぼちゃ…1/4個
豚肩ロース…250g
にんじん…1本
大根…10cm
油揚げ…1枚

(味付け)
味噌…大さじ5
みりん…大さじ1
しょう油…大さじ1

長ネギ…1本
かつおぶし…1パック

<作り方>hotokuzono1

1.ボウルにほうとうの材料、薄力粉、熱湯、塩を入れて混ぜたら、生地を軽くこねる。少し粉っぽさが残る程度で、ポリ袋に入れて10分ほど寝かせる
※熱湯を入れることで、小麦粉のグルテン(粘りと弾力の成分)が一気に出るので時間短縮!

2.水をはった鍋に、昆布を細かく切り、干ししいたけを手で砕き入れ、火にかける

3.2の鍋が沸騰したら、肉を加える
※ベータカロテンの吸収率を上げるため、脂肪分は豚肉を使う

4.ワタを残して種を取り除いたカボチャを皮つきのままひと口大に切り、鍋に加える

hotokuzono25.イチョウ切りしたにんじん、大根、細切りした油揚げの順で鍋に加え入れる。

6.1の生地を折るようにこねて、滑らかになったら手でちぎって、平たく15~20cmくらいの長さに伸ばしほうとう麺を作る(写真左から右へ)

7.鍋に6のほうとう麺を加えて5分ほど煮込む

8.味付けの味噌、みりん、しょう油で味付けし、小口切りの長ネギ、かつおぶしを加え入れて完成!

少し太すぎる「ほうとう」かと思いますが、ウチで作ったからか、味わい深く美味しかったです(⌒~⌒)

同日放送の【焼きサバのちらし寿司】と一緒に食べました! 
【焼きサバのちらし寿司】⇒奥薗壽子先生のレシピ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓