豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

おかずのクッキングの豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

2014年9月20日(土)

テレビ朝日

おかずのクッキング

おかずのクッキングでは、「賛否両論」の笠原将弘店主が、【豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ】の作り方を紹介していました。

小麦粉、溶き卵と衣をつけて、最後に「かつおぶし」をまぶします!驚きですね(^^

< 実際に作ってみました!! >

揚げずに焼くのでとっても 気軽に作れる嬉しいレシピです。
衣つけが、やや手間がかかりますが、
お酒のおつまみにも、おかずにもなります。

メインになるには物足りないですが、
「あと1品、欲しい!」という時などに、重宝する一品です!

外側は少し香ばしくて、中のやわらかい豆腐が引き立ちます♪

◆◇◆ 【豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ】  ◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★★

調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

上の写真で1人分の量になります。
結構、ボリュームがあります!

【豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ】 のレシピは続きです♪

広告


■■■ 【豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ】レシピ ■■■

<材料> 8個分

木綿豆腐…1丁(300g)

広告

新生姜…20g

青じその葉…5枚

貝割れ菜…1/2パック

長ねぎ…1/3本

ごま油…大さじ2

醤油…適量

<おかか衣>
削り節…15g

小麦粉…適量

溶き卵…1個分

<作り方>   写真:レシピの半量

1、新生姜(20g)、青じその葉(5枚)は千切りにします。 貝割れ菜(1/2パック)は根元を切り、3等分にします。 長ねぎ(1/3本)はごく薄い斜め切りにします。 合わせて水にさらしてシャキッとさせ、ザルに上げ、水気をきります。

2、木綿豆腐(1丁(300g))はペーパータオルにくるんで5分ほどおき、8等分に切ります。 おかずのクッキングの豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

小麦粉(適量)、溶き卵(1個分)、削り節(15g)の順に衣をつけます。 おかずのクッキングの豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

※削り節は、溶き卵に入れずに周囲にまぶした方が香ばしさが際立つ

3、フライパンにごま油(大2)を中火で熱し、2の木綿豆腐を入れ、全面をカリッと焼きます。 おかずのクッキングの豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

※1面を30秒ほどを目安に焼く

4、器に盛り【豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ】 の出来上がり。1を添え醤油(適量)をつけて食べます。 おかずのクッキングの豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ

●おかずのクッキングの放送を参考に作ってみました。 


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “豆腐のおかか焼き たっぷり薬味のせ”

  1. なっちゃん より:

    厚揚げぽくなるんですか?衣つきだから違いますよねm(__)m

  2. 三ツ星主婦 より:

    なっちゃんさん
    これはですねぇ~厚揚げほど外側が厚くなく、
    ちょっと「カサッ」という感じぐらいでしょうか♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓