きのこのホイル焼き




2012年9月21日(金)
テレビ朝日

おかずのクッキング

料理研究家:土井善晴先生

おかずのクッキングでは、土井善晴先生が、秋の味覚がたっぷり詰まった、【きのこのホイル焼き】を作って紹介していました。

包んだホイルが、プク~っと膨れてきて完成が待ち遠しい感じでした♪ 膨れたら傾けてホイルの下に水分を落とすところがポイント!

なのですが、忘れました(>_<) 上手いこと膨れて、思わず安心しちゃいましたぁ(^_^;) 食べる時、ホイルの上部には気になる水分もなく、差し支えなかったかと思いますが。

本来の赤味噌に代わって合わせ味噌で作りました。仕上がりが薄味のように見えましたが、サーモン、きのこ、バターの風味を感じられて良かったです(^O^)/ 

バターを塗って焦げないはずが、私は焦げました(^_^;) が、それもご愛敬。バーベキューっぽい?!(笑) きのこ類は、クタッとなるので多めかなくらいでいいですね(^_-)-☆ 

土井流!【きのこのホイル焼き】レシピ

<材料> 2人分

えのきたけ・・・80g
しめじ・・・100g
青ねぎ・・・1/2本(私は、小ねぎで)
サーモン(厚め)・・・1切れ
 塩(下味)・・・少々

赤味噌・・・20g(私は、合わせ味噌で)
酒・・・大さじ4
バター・・・10g

土井善晴先生の【きのこのホイル焼き】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:サーモン1切れ(他材料1/2量)

広告

1.サーモンは皮、骨を取り除いて厚みを半分に2等分、両面に塩をふります。
えのきたけ、しめじは石づきを除き、食べやすく割きます。
青ネギは、斜め切りにします。

2.赤味噌、酒を溶き合わせます。
(私は、合わせ味噌を使用しました)

3.アルミホイルを50~60�pくらいの長さに切り、半分に折り半円に切ります。

片方にバターを塗り、半量のえのきたけ、しめじ、サーモン、そして、残りのえのきたけ、しめじ、最後に青ネギの順にのせます。 


※バターを塗ることで、具材の焦げ付きを防ぎます


4.3に2の調味料を回しかけて、アルミホイルを半分をかぶせて空気を抜くように周囲をしっかり閉じます。 
 
 

5.フライパンに4を入れて、蓋をして中火強で5分加熱します。

膨れ上がったホイルに穴を開けて、火からおろします。 
 

※ホイルが膨れ上がったら、フライパンを傾けるように動かして水分をホイルの下に落とします

(私は膨れてから、傾けることを忘れました)

6.ホイルごとお皿に移して、【きのこのホイル焼き】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓