魚肉酸ラータン

gyonikusoup2009年9月30日(水)
テレビ朝日

節約エコレシピ名人
芸能界No.1決定戦

子供のころに手頃でよく食べた「魚肉ソーセージ」(懐かしい~っ) 友近さんは、予選から決勝戦まで終始この魚肉ソーセージをふんだん・メインに使ったレシピでみごと優勝!その中から、すりつぶし団子状にした「魚肉酸ラータン」(2回戦)から私もチャレンジしてみました!!
 ↓  ↓
魚肉ソーセージを使った【魚肉酸ラータン】友近さんレシピ

<材料> 2人分
 
(つみれ風のタネ)gyoniku
魚肉ソーセージ…1本
小麦粉…100g
水…100cc
大葉…3枚

(スープ)
水…600cc
鶏がらスープの素…小さじ2
余り野菜…適量
(大根、にんじんなど)

ポン酢…大さじ1
ごま油…小さじ1
ラー油…少々

卵…1個

<作り方>

1.木べらなどで魚肉ソーセージをすり潰す。大葉は細かく刻んで、魚肉ソーセージと合わせておく。

2.ボウルに小麦粉、水を入れて混ぜ合わせておく。そこに、1を加え入れて混ぜ合わせてつみれ風のタネを作る。

3.鍋にスープのお湯を沸かして鶏がらスープの素を加え、2のタネをスプーンを使って1口大にして入れる。gyonikusoup1

4.余り野菜を入れ、つみれ風のタネが浮いてきたら、ポン酢、ごま油、ラー油で味付けをする。
(大根、にんじん、小松菜を私は使いました)

5.仕上げに、溶き卵を入れて完成!

魚肉ソーセージが小麦粉でつみれ風・だんご汁のようにアレンジされたサンラータンで、腹もちが良いです!春雨やビーフンなども加えたら、十分メインのひと品になりますね★★★

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓