豚肉とホタテのシャキシャキギョーザ

レシピ 森尾由美餃子2014年6月21日(土)

テレビ朝日

ミラクルレシピ

~セロリ入り餃子~

ミラクルレシピでは、芸能人ママとプロの料理人のミラクルレシピということで、みんな大好き「餃子」で、森尾由美さんとプロの五十嵐美幸さんが、それぞれ技ありの餃子を披露していました。

森尾由美さんの【豚肉とホタテのシャキシャキギョーザ】は、シャキシャキとしたセロリが入った餃子で、お店より美味しいとか?!

餃子にはニンニクとニラを使わずに、つけダレに使うところも、森尾由美さん流!

とっても気になる餃子です!!

■■■ 森尾由美さんの【豚肉とホタテのシャキシャキギョーザ】レシピ ■■■

<材料> 4人分

豚ひき肉…250g

ホタテ缶…小1缶

セロリ…1と1/2本

昆布茶(顆粒)…小さじ1

ギョーザの皮…20枚

水…適量・150ml

サラダ油…適量

ごま油…適量

(つけダレ)

長ネギ…1/3本

ニラ…1/3束

しょうゆ…200ml

おろしニンニク…小さじ1

砂糖…小さじ1

すりごま…小さじ1

一味唐辛子…小さじ1/2

◆ 実際に作ってみました!! ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★☆

作りやすさ   ★★★

調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホタテ缶、昆布茶を用意するところが、

少し手軽じゃないかな・・・

と、からめの星2つですが、主人に好評(*^_^*)

料理の詳細、感想はあとがきで♪

五十嵐美幸プロの料理【卵豆腐のジューシー羽根付きギョーザ】
 ⇒こちらも作ってます。小籠包級のジューシーさで驚きです!レシピはこちら

広告


<作り方> 調理時間20分ほど / 写真:半量の2人分弱(8個)

*下ごしらえ*

1.ボウルに豚ひき肉(250g)、ほぐし身のホタテ缶を汁ごと(小1缶)、顆粒の昆布茶(小1)を入れてよく混ぜ合わせます。 レシピ 森尾由美餃子

広告

※魚介のうま味で深い味に仕上げる

2.さらに、粗みじん切りしたセロリ(1と1/2本)を加えて更によく混ぜ合わせます。 レシピ 森尾由美餃子

※セロリを加えて、食感も楽しむ

*包み蒸し焼きする*

3.ギョーザの皮(20枚)に1の肉だねをのせて、皮の端に水(適量)をつけてひだを作りながら包みます。フライパンにサラダ油(適量)を熱し、2を並べて(10個)強火で加熱します。 レシピ 森尾由美餃子

4.皮の底面がほんのりきつね色になったら、水(150ml)を加えてふたをし、そのまま蒸し焼きします。同様にもう10個焼きます。 レシピ 森尾由美餃子

*つけダレを作る*

5.ボウルに、みじん切りした長ネギ(1/3本)、5mm幅に刻んだニラ(1/3束)、しょうゆ(200ml)、おろしニンニク(小1)、砂糖(小1)、すりごま(小1)、一味唐辛子(小1/2)をよく混ぜ合わせます。 レシピ 森尾由美餃子

(私は、分量1/4を作り、2人分に十分に余る量が作れました)

※ニンニク・ニラを餃子ではなくタレに使うところが、森尾由美さん流!

*仕上げる*

6.皮が透き通り、火が通ったら、ごま油(適量)を回しかけてカリっと焼き上げます。お皿に餃子を盛り、つけダレを添えて、【豚肉とホタテのシャキシャキギョーザ】の出来上がり レシピ 森尾由美餃子

===================

◆◇◆ あとがき ◆◇◆

===================

<作ってみた感想>

セロリがあまり好みではないので

放送よりもやや小さめに切りました。

そのためか、思ったほどのシャキシャキ感は感じられませんでした(^_^.)

でも、あっさりしてて食べやすい!と主人には好評。

つけダレも味見では、塩辛く思えましたが、

あっさりとしたセロリだけの餃子には、合うようでした。

肉だねが作りやすくていいです! 寝かせることもしないし。
焼いている間に、つけダレを作って、

パパッと出来る、変わり種の餃子でオススメです!(^^)!

●ミラクルレシピの放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓