菜の花のおかずパンプディング

pan-pudding4.jpg2011年3月4日(金)
フジテレビ

知りたがり!

~淳のもてなしゴハン~

簡単おもてなし料理が好評のヤミー先生。

今回は卵液が染み込んだおかずパンの【パンプディング】を紹介していました。

「パンプディング食べたことないけど、う~まいっ!パンに染みて、うまい!」とロンブー淳さんの言う通り!

「しみパン」と菜の花の苦味(少しの)やトマトの甘みと酸味が次々と味わえて美味しい~~~っ!!

チーズもとろけて、これはおかずでなく、しっかり1食になりました。

ヤミー流【菜の花のおかずパンプディング】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


ヤミー流【菜の花のおかずパンプディング】レシピ

<材料> 2人分(20cmX15cmくらいの容器に見えました)
●私は、直径10cmの器1つ:分量1/3で作りました

菜の花・・・160g(硬い部分を除き長さ2等分に切る)
塩・・・適量
ベーコン・・・2枚(幅1cmほどに切る)
ミニトマト・・・4個(縦2等分に切る)

フランスパン・・・100g(14~15切れ厚さ1cmほどに切る)

(卵液)
溶き卵・・・3個分
粒マスタード・・・大1
牛乳・・・300cc
塩・・・適量

ピザ用チーズ・・・50g
バター・・・適量

<作り方>

1.湯を沸かし塩を入れて、茎を先に1分茹でます。後から花も加えて30秒一緒に茹でてザルにあげます。水に入れて色止め、水切りしておきます。

広告

※菜の花は、葉や茎の色が鮮やかで茎が太く断面が円形のものがオススメ。ビタミンC・カルシウム・カリウムなどが豊富(野菜ソムリエ:ロンブー淳さんより)pan-pudding1.jpg

2.ボウルに溶き卵、粒マスタード、牛乳、塩を入れてよく溶き混ぜます(泡立て器を使ってました)

3.耐熱皿にバターを薄く塗り、フランスパンを2段重ねに敷き詰めます。(1段に7~8切れでした)pan-pudding2.jpg

※器の8割くらいの高さのようでした

●写真上:私の場合は、パン少し厚かったようです。この後の盛りで少し手こずりました(^_^;)

4.その上にピザ用チーズをのせて、1の菜の花(半量)、ベーコン、ミニトマトをまんべんなくのせます。

※器の高さより、少し具材が高いくらいに見えました

5.4に2の卵液(半量)を入れます。
pan-pudding3.jpg

※卵液は2階に分けて入れることで、パンや具材に卵液がしっかりとしみ込む

●写真右:分かりやすいように、私は、卵液を2等分にしました

6.10分後に、5に残りの卵液を加えます。pan-pudding.jpg

7.オーブントースターで20分ほど加熱して出来上がり

●少しパンが厚めで、具材が山盛りになってしまいました。
⇒表面ばかり焦げて、時間を短く13分加熱して食べました(^_^;)


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓