肉巻きおにぎり


2011年10月4日(火)
フジテレビ

知りたがり!

~今夜もマロンマジック~

フードスタイリストのマロンさんが、秋の行楽シーズンにピッタリの『2種類のおでかけおにぎり』を作って紹介していました。

おかず要らずぐらい食べ応えのある【肉巻きおにぎり】とサツマイモ&甘栗が入った秋らしい【秋の味覚たっぷりおにぎり】の2種類。

【秋の味覚たっぷりおにぎり】は、目に新鮮!早速、作ってみました。握ってる手の間からポロポロと主張して、少し手こずりましたぁ(^_^;) 甘栗など小さくするか、ラップを使って握る作り方をおすすめします♪

【肉巻きおにぎり】は、煮からめるタレに梅干しを加えてるところが、マロン流のポイント!と言うことですが、分かりませんでした(^_^;) ご飯に入れ混ぜた「甘酢ショウガ」の方が、特徴のある【肉巻きおにぎり】に感じました。

【牛肉巻きおにぎり】

<材料> 6個分

牛モモ薄切り肉・・・6枚(300g) [すき焼き用]

(A)
 しょうゆ・・・大さじ3
 水・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ1
梅干し・・・1個

ご飯・・・450g(茶碗3杯分)
 甘酢ショウガ・・・大さじ2 [みじん切り]
 いりゴマ(白)・・・小さじ2
 塩・・・適量

サラダ油・・・大さじ1
いりゴマ(白)・・・適量

【秋の味覚たっぷりおにぎり】

<材料> 8個分

サツマイモ・・・100g
むき甘栗・・・50g [4~6等分に切る]

(A)
 クルミ・・・20g [から炒りし粗みじん]
 いりゴマ(黒)・・・小さじ1
 塩・・・小さじ1/2

ご飯・・・450g(茶碗3杯分)
青ジソ・・・適量(私は省略)

【肉巻きおにぎり】【秋の味覚たっぷりおにぎり】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

広告

【牛肉巻きおにぎり】
  

広告

<作り方>  写真:半量(3個)

1.梅干しは種を取り除いて、包丁で叩きます。(A)と混ぜ合わせておきます。

(放送:梅干しはタレに混ざりやすいように包丁で叩いてから加えて。とのこと)

※梅干しを加えることで、さっぱり感をプラス!

2.ボウルに温かいご飯、甘酢ショウガ、いりゴマ(白)を入れてさっくりと混ぜ塩で味を調えます。

3.2を6等分し俵型に握り、牛肉でご飯が見えないように巻きます。

(我が家は、豚肉肩ロース薄切り肉を1個につき2枚使用しました)

※肉は焼くと縮むので、きつく隙間があかないように巻いて

4.フライパンにサラダ油をひき中火で、3の巻き終わりを下にして焼きます。

転がしながら全体に焼き色をつけ、取り出します。

5.4のフライパンに1を入れて軽く煮詰めて、4を戻し入れてタレを全体に絡めます。

器に盛り、いりゴマ(白)をトッピングして【牛肉巻きおにぎり】の出来上がり

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【秋の味覚たっぷりおにぎり】


<作り方>
  写真:3個

1.サツマイモは1cm角に切り、耐熱皿に並べてラップをし電子レンジ(600W)で2ほど加熱します。

2.ボウルに温かいご飯、1のサツマイモ、(A)を入れて、さっくりと混ぜます。

3.8等分にし、3角形に握って青しそを添えて【秋の味覚たっぷりおにぎり】の出来上がり

(私は、青しそを省略、絹さやを添えました)


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓