納豆キムチ鍋(チゲ)




2012年12月22日(土)
テレビ朝日

スマステーション

~納豆キムチチゲ~

SmaSTATIONでは、ゲストの生リアクションが良かったグルメ&グッズベスト22を発表&紹介していました。

その中でも、役所広司さんが気に入った!と絶賛だったShioriさんの【納豆キムチ鍋(チゲ)】が気になって、実際作ってみましたぁ(^O^)/

じゃがいものホクホク感と豆もやしのシャキシャキ感がいいです!! 豆もやしの食感が残ってていいです!おいしい~~(*^。^*)  

キムチのピリ辛と納豆のネバとろ~りするところもポイント! 『白米と相性抜群でごはんがすすむお鍋です。』とShioriさん。私は、雑炊でしめてスープも全部たいらげました♪

ちなみに、私は豆腐を加えました(底に隠れてます)。ニラなども味を邪魔することなく、加えてもいいんじゃないかなぁと思いました。

【納豆キムチ鍋(チゲ)】レシピ

<材料> たっぷり4~5人分

牛切り落とし肉…200g ※豚ばら肉でも可
白菜キムチ…300g
じゃがいも…5~6個
豆もやし…1袋
えのき…1/2パック
しょうが…1かけ
にんにく…1片
鶏がらスープ…3カップ(水3カップ+顆粒鶏がらスープの素大さじ1)

ひきわり納豆…2パック
万能ネギ(小口切り)…適量
白ごま…適量
ごま油…大さじ1

(A)
味噌…大さじ2
砂糖…小さじ1/2
コチュジャン…大さじ1

Shioriさんの【納豆キムチ鍋(チゲ)】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:1/3量弱ほど

1.にんにく(1片)、しょうが(1かけ)は、みじん切りにします。牛肉(200g)は食べやすい大きさに切ります。

(A)の味噌(大2)、砂糖(小1/2)、コチュジャン(大1)を合わせておきます。 

広告

じゃがいも(5~6個)は皮をむいて2等分し、水にさらします。ラップに包んでレンジで5分加熱します(この時点では完全に火が通ってなくてOK)。

※じゃがいもは大きく切ってホクホク感を残すのがポイント!食べる頃にはちょっぴり端が煮崩れてスープにとろみがついてこれが最高。

(写真右:私は、火の通りを早くするため、じゃがいもを少し小さめに切りました。) 

納豆(2パック)は付属のタレ、辛子と混ぜ合わせます。
※納豆はスープに溶け込みやすいひきわり納豆がオススメ!

2.熱した鍋ににんにく、しょうが、ごま油(大1)を加えて炒めます。

香りが出てきたら牛肉を加えて炒め、色が変わったらキムチ(300g)の半量を加えてサッと炒めあわせます。

(私は、豚こま切れ肉を使用しました) 

※キムチを2度に分けて加えるのが最大のポイント!一度目はスープの味のベースに、二度目は、ダイレクトにキムチの味や香りを味わう

鶏がらスープ(水3カップ+顆粒鶏がらスープの素大さじ1)を加え、沸騰したらアクを取り、合わせた(A)で味付けします。 

じゃがいも、えのきを加えて蓋をして15~20分ほど煮ます。
 

(私の場合は、10分程度の加熱でじゃがいもが煮崩れ、次の工程へ進みました)

3.豆もやし(1袋)を加え、蓋をして3~4分煮込んで火が通ったら、残りのキムチ、納豆をのせます。 


※もやしは、食感のある豆もやしが断然オススメ!

仕上げに万能ネギ(適量)、白ゴマ(適量)をふって【納豆キムチ鍋(チゲ)】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

4 Responses to “納豆キムチ鍋(チゲ)”

  1. 送付状 より:

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

  2. 三ツ星主婦 より:

    送付状さん
    コメントをありがとうございます。コメント頂戴しながら、田舎へ帰省し返事が遅くなりましたこと、大変失礼しました

  3. ピヤノ より:

    スーパー主婦殿
    美味しかったよー。
    スーパー主婦殿の丁寧なブログのおかげで
    色々と美味しく作れるようになりますた

  4. 三ツ星主婦 より:

    ピヤノさん
    ほんと、いろいろと見てくださってありがとうございます。
    そして、料理の腕前もずいぶんと上達されたようで良かったですねぇ\(^o^)/
    とにかく数を重ねて作ること!
    これが何よりの上達する道のように自分を通して思います(^_^.)
    そして、いつも頑張ってるご褒美&ベロメーターのレベルアップに、たまの「外食」を楽しむ(^^♪
    ということで・・・自分を褒めて褒めて~(ヾ(=^▽^=)ノ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓