簡単!五目ご飯

kantangomoku2009年10月22日(木)
テレビ東京

和風総本家

~炊き込みご飯~

『秋に食べたい!炊き込みご飯 BEST15』 を発表していました。1位に松茸、2位に栗ごはん、と秋の味覚が上位に入りましたが、和風総本家では、3位に選ばれた「鶏ごはん」を缶詰を使ってわずか下準備3分で、炊飯ジャーのスイッチON!という、驚きの簡単な五目ごはんの時短レシピを紹介していたので、早速作ってみました!

【簡単!五目ご飯】レシピ

<材料> 5~6人分

米…3合

ゴボウ…yakitorikan1/3本くらい
ニンジン…1/4本
プチトマト…4~6個
突きこんにゃく…40g
やきとりの缶詰(たれ)…1缶
 (写真右⇒TVでも使用)

塩昆布…大さじ1
干しシイタケ…ひと握り

<作り方>
●お米を洗い、炊飯ジャーに普通の水の量を入れて用意しておく

1.ゴボウを5cmの千切りにし、水にさらしてアク抜きする

2.ニンジンは、皮をむかずにイチョウ切りし、水にさらしてアク抜きする
※皮に栄養がある上に、手間が省ける

3.五目ごはんのダシとなる塩昆布を炊飯ジャーに入れる。干しシイタケを潰しながら入れる。
※干しシイタケを潰しながら入れることで、水に戻さなくとも十分にうま味を出してくれる

4.やきとりの缶詰をタレごと炊飯ジャーに加える

5.突きこんにゃくを食べやすいながさに切り、水にさらす
kantangomoku1※突きこんにゃくは、味が染み込みやすい上に、切る手間が少なくてすむ

6.水にさらしている、ゴボウ、ニンジン、突きこんにゃくの水を切り炊飯ジャーに加え入れる

7.プチトマトを半分に切り、炊飯ジャーに加えて炊飯スタート!

美味しいーーー!!!プチトマトを入れるワケの説明がなく、不思議な気持ちで作りましたが、甘くて美味しいです(⌒~⌒) ちょっと潰れますけどね。 割合1/3強ほど「もち米」を入れて炊きました。冷めても、お米がパサパサ・固くならずにおすすめです★★★

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓