焼き小籠包

yakisyoronpo2010年6月28日(月)
フジテレビ
知りたがり!

~ワザモノ見つけた!~

外側はカリッ!中は、 肉汁ジューシー!な【焼き小籠包】を薄力粉で作れて、閉じ方も簡単!なレシピを森三中の村上知子さんが、紹介してくれました。

”肉汁がテーブルに飛んだ!” ものもありました!ねじって閉じようとして穴を開け、残念なものも・・・。

syanhi-yakisyoronpo
右写真は、先日いただいた吉祥寺の『上海焼き小籠包』です。売り物はさすが!肉汁たっぷりなんですよね~

森三中・村上知子さんの特製!薄力粉で皮も簡単【焼き小籠包】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

森三中・村上知子さんの特製!
簡単【焼き小籠包】レシピ

<材料>   16個分(写真:8個分)

(皮)
薄力粉・・・200g
ベーキングパウダー・・・小さじ2
お湯・・・1/2カップ強

(タネ)
A
 ・豚挽き肉・・・200g
 ・酒・・・大さじ1
 ・ごま油・・・大さじ1
 ・しょう油・・・大さじ1/2
 ・砂糖・・・小さじ1
 ・ショウガの絞り汁・・・小さじ1
 ・塩・・・小さじ1/3
 ・黒コショウ・・・適量

B
 ・ニラ・・・1/3束(40g・小口切り)
 ・シイタケ・・・2枚(石づきを除き、粗みじん切り)
 ・タケノコ(水煮)・・・30g(粗みじん切り)

(ショウガ水)
ショウガの皮・・・1片
長ネギ(青い部分)・・・1本分(つぶす)
鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ1/2
お湯・・・大さじ3

サラダ油・・・適量
お湯・・・適量
ごま油・・・小さじ1
いりゴマ(白)・・・適量yakisyoronpo1

<作り方>
●ショウガ水は、材料を合わせておきます(写真右)

*皮の生地作り*
1.ボウルに皮の材料の薄力粉、ベーキングパウダー、お湯を入れて手でよく混ぜ合わせます。yakisyoronpo2

2.ひとまとめになったら、ラップをし30分ほど寝かせておきます(写真右)。

*タネ作り*
3.ボウルにタネの材料Aの豚ひき肉、酒、ごま油、しょう油、砂糖、ショウガの絞り汁、塩、黒コショウを入れて、手でよく混ぜ合わせます。

4.3のボウルにショウガ水を加えてさらに練り混ぜます。
※ショウガ水を加えることで、小籠包のジュワーという溢れ出る汁になります

5.さらに、タネの材料Bのニラ、シイタケ、タケノコを加えてよく混ぜ合わせます。冷蔵庫で30分ほど冷やしておきます。

*包み仕上げ*
6.2の生地を16等分の団子状に成形します。タネも16等分します。

7.麺棒を使って生地を丸く伸ばします。
(少し厚めでも焼き蒸すので大丈夫とのことです)yakisyoronpo3

8.7の皮の中央にタネをのせて、手前と奥の皮を合わせて左右の皮を合わせて(写真右)、対角の皮を合わせて真ん中に寄せてくっつけます。
(閉じ部分は下になるので、几帳面にならずに)
※肉汁が流れ出てしまうので、しっかり閉じること

9.フライパンにサラダ油をひき、閉じ部分を下にして2~3分焼きます。yakisyoronpo4

10.底面に焼き色がついたら、お湯を入れて(写真右)、蓋をして7分ほど蒸し焼きにします。
(お湯は、小籠包の高さ半分くらいの量を入れてました)

11.最後にごま油を回し入れて、いい香りがして、底面がカリッとなったら器に盛り付けて、ゴマをふって完成!

●吉祥寺の『上海焼き小籠包』 テイクアウト
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4(ハーモニカ横丁入り口)syanhi-yakisyoronpo1
JR・井の頭線「吉祥寺」駅前

見た目は、ペソーッとしぼんでるのに(写真右)、中には溢れんばかりの肉汁が入ってます!美味しかったです(⌒~⌒)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓