海老フライ

abfry2010年10月15日(金)
テレビ朝日
おかずのクッキング

今回は、みんな大好きな【エビフライ】を小田真規子先生がパン粉や切り込みのをひと工夫。

食べやすく、噛みやすい、まっすぐで見た目もキレイなエビフライの作り方を紹介していました。

かろうじてまっすぐ(!?)に揚げることが出来たかなぁ~(*´∇`*) 卵を使わない手作りのタルタルソースは、豆腐を使ってとっても簡単!ヘルシーで軽い!あっさりと食べられて良かったです!!

【海老フライ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓ ↓

【海老フライ】小田真規子先生のレシピ

<材料> 2人分

海老(殻付き、無頭)・・・6尾(正味120g)

(衣)
 小麦粉・・・大さじ1
 溶き卵・・・1個分
 パン粉(乾燥)・・・1/2カップ(18g)

(豆腐のタルタルソース)
 木綿豆腐・・・50g
 マヨネーズ・・・大さじ1
 カレー粉・・・少々
 こしょう・・・少々
 酢・・・小さじ1/2

塩、こしょう・・・各少々
揚げ油・・・適量

abfry1
<作り方>

1.衣のパン粉を万能こし器(ザルなど)で、こして細かくする。
※パン粉の風味を残しつつ、食べやすくなります


*エビの下ごしらえ*abfry2
2.エビの尾の先を切って水を出す。殻をむいて背ワタを取る。

3.2のエビの腹に切り込みを入れて、返して背側を押して伸ばす。
(腹にはまっすぐ1本の切り込みを。返して押すというよりも反らし・えび反りしてました)
※縦方向に切れめを入れることで、繊維を断ち切ることで曲がらずにまっすぐに揚がるabfry3

4.3のエビの両わき腹に斜めに細かく切り込みを入れる
(縞目の皮を浅く切るように)
※お子さんも噛みやすくなる


*衣をつけて揚げる*
5.abfry44のエビに塩・コショウで下味をつけて、衣の小麦粉をまぶします。溶き卵、1のパン粉の順に衣をつけます。
※漉したパン粉をつけるので、少し透けたようになります

6.揚げ油170℃で2~3分ほど揚げます。


*豆腐のタルタルソースを作る*
7.ボウルに豆腐を手でちぎって、少しかき混ぜて崩します。マヨネーズを加えてまぜ合わせます。
(放送で豆腐は水気がなかったので、水切りをしているかと)
※豆腐を使うことでマヨネーズの量を減らすことができる

8.7のボウルに酢、こしょう、カレー粉を加えて混ぜ合わせて出来上がり
※カレー粉を加えることで、豆腐臭さを消します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓