春菊のジェノベーゼ風パスタ


2011年12月5日(月)
フジテレビ

知りたがり!

山瀬まみさんが、この時期すき焼きやお鍋に使う春菊をパスタと合わせて【春菊のジェノベーゼ風パスタ】を紹介していました。バジルでお馴染みのジェノベーゼですが、作り方も一緒。ミキサーにかけるだけ!と簡単!

お料理自慢の秋野暢子さんも「パスタの新しい味!美味しい!」と。春菊もいけるんですね~気になる!!春菊は半束のみ、松の実は切らしてる。けど作ってみました。慌てて粉チーズを入れ忘れて(^_^;) 後がけのみですが、おいしい~~~\(^o^)/

バジルほどクセがなく気に入りました♪ちなみに、トッピングの春菊は、口の中でフレッシュな香りが立って、もっとトッピング用に取り置きしておけばよかったと思いました。春菊は、生の方がクセが主張せずに食べやすいですよね(^_-)-☆

山瀬まみさん特製の【春菊のジェノベーゼ風パスタ】レシピ

<材料> 2人分

(ソース)
春菊・・・1束
松の実・・・40g
粉チーズ・・・大さじ5
ニンニク・・・1片(芯を除く)
オリーブオイル・・・150cc
塩・・・小さじ2/3~小さじ1
コショウ・・・適量

(パスタ)
スパゲティ(1.4mm)・・・160g
塩・・・適量
上のソース・・・大さじ6
塩・コショウ・・・各適量
粉チーズ・・・適量

チキンソテーや冷奴、ミネストローネスープにトッピングするなど、重宝する山瀬まみさんおすすめの春菊ソースを使った【春菊のジェノベーゼ風パスタ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

<作り方> 写真:半量弱

*ソースを作る*
1.春菊をざく切りします。松の実は、4~5分から炒りします。
※春菊は、鉄やカルシウムが豊富。独特の香りは胃腸の働きの活性化にも効果的

2.フードプロセッサーに1の春菊、松の実、粉チーズ、ニンニク、オリーブオイル、塩、コショウを入れて、1分ほど撹拌します。

(右写真:松の実を省略。粉チーズを入れ忘れました。)


※ミキサーでも可能です。ミキサーの方が滑らかに。フードプロセッサーは粗めに仕上がります。お好みでどうぞ(私は、ミルミキサー使用です)

*パスタを作る*
3.たっぷりの湯を沸かし、塩、パスタをアルデンテに茹でます。

4.フライパンに2の春菊ソース(大さじ6)を入れて、3のパスタの茹で汁(お玉1杯:約50�t)を少しずつ加えてソースと馴染ませます。塩・コショウで味を調えます。

※茹で汁はオイルと分離しないよう、はじめ少しずつ加えて!


5.3の湯であげたパスタを加えて、ソースと和え絡ませます。

お皿に盛り、粉チーズ、春菊をトッピングして【春菊のジェノベーゼ風パスタ】の出来上がり

(私は、パスタ1.6mm使用しました)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓