ヤミー流!秋のつくね丼


2011年9月23日(金)
フジテレビ

知りたがり!

~淳のもてなしゴハン~

簡単おもてなし料理が好評のヤミー先生が、栗を使った丼ぶりレシピを紹介していました。肉団子の中から栗が出てきて、お月見をのようでなんだかほっこりと嬉しくなるひと品でした(*^。^*)

栗の甘露煮でも作れます。とのことで、生栗と甘露煮との両方を包んだつくねを作ってみました。甘露煮は少し水っぽく仕上がって、やっぱり生の栗の方が、ホクホクした感じでよかったです♪ しょう油の甘辛い味付けでご飯がすすみました。

【秋のつくね丼】レシピ

<材料>  2人分

生栗(なければ甘露煮)・・・6個
小町麩・・・24個(16g)
鶏挽肉・・・250g
(A)
 卵・・・1個
 いりごま(黒)・・・大さじ1
 酒・・・小さじ2
 ショウガ・・・小さじ1(すりおろし)
 塩・・・小さじ1/4

サラダ油・・・適量
長ネギ(5cm長さ)・・・1本
(B)
 酒・みりん・しょう油・・・各大さじ1
 砂糖・・・小さじ1/2
 
ご飯・・・適量
水菜(3cm長さに切る)・・・適量

ヤミーさんの【秋のつくね丼】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

広告

広告

<作り方>

1.栗は殻と渋皮を除き、鍋にたっぷりの水で、15分ほど茹でます。

※ビタミンCと食物繊維が豊富!濃い茶色でトゲがとがって重みのあるものがよい
(野菜ソムリエ・ロンブー淳さんより)

●写真右:私は、栗を沢山の量、茹でました。


2.小町麩を袋に入れて、細かく潰します。

※余りがちな麩をパン粉の代わりに使うことで、ふんわりとやわらかい食感に仕上がる

●写真右:潰す途中です

3.ボウルに鶏ひき肉、(A)、2の麩を入れ混ぜ6等分し、それぞれ1の栗を包みます。

4.フライパンにサラダ油を熱し、3のつくねと長ネギを入れて焼きます。

焼き色がついたら、裏返し蓋をして弱火で5分ほど焼きます。


5.(B)を加えて煮詰め、つくねと長ネギを絡めます。

6.器にご飯、水菜(生のまま)、5のつくね、長ネギを盛りつけて【秋のつくね丼】の出来上がり

(私は、小松菜をレンジで加熱し代用しました)


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “ヤミー流!秋のつくね丼”

  1. いしかわまゆこ より:

    はじめまして!ケンタロウさんのカレーパンの作り方からこそりと覗かせてもらってました!とてもわかりやすく、主婦ほやほやの私の救世主です´`*また拝見します~(^^)

  2. 三ツ星主婦 より:

    いしかわまゆこさん はじめまして こんばんは!
    書き込みをありがとうございます(^O^)/
    主婦ほやほやなんですねぇ~ 毎日、大変?楽しいかな?
    一緒に頑張りましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓