フライパンおこげの中華あんかけ


2011年8月28日(日)
テレビ東京

キレイの台所

~チンゲンサイ~

久本雅美さんと美肌のカリスマ佐伯チズさん、料理研究家・寺田真二郎さんが、カロテン、カルシウム、カリウムが豊富で、美肌や老化防止に効果があるという「チンゲン菜」を取り上げた料理を紹介していました。

中でも、寺田真二郎さんが作っていた【フライパンおこげの中華あんかけ】が、美味しそうでしたぁ(*^。^*)

「あんかけ」が、なんとも魅力的~大好きです~~~(‘▽’*)ニパッ♪

焼きそばなどの麺類にも合います!とも放送していました。

そうですよねぇ~あんかけ焼きそばにもしたいけど、まずは寺田真二郎さんが作った「おこげ」のレシピにチャレンジ!

寺田真二郎さんこと真くんの【フライパンおこげの中華あんかけ】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓

真くんの【フライパンおこげの中華あんかけ】レシピ


<材料>
   

チンゲン菜・・・1束
シイタケ・・・4個
長ネギ・・・1/2本
むきエビ・・・10尾
ご飯・・・茶碗3杯分
 ゴマ油・・・大さじ1
 白ゴマ・・・大さじ1

(あん) 

 鶏がらスープの素・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ1
 しょうゆ・・・小さじ1
 おろしショウガ・・・お好み
 塩 黒こしょう・・・適量
 水溶き片栗粉・・・各大さじ1

<作り方>

*下ごしらえ*

1.チンゲン菜は食べやすく切り、茎と葉を分け、長さ2cm幅に切ります。
シイタケは軸を除き薄切りに、長ネギは斜めに薄切りにします。

*おこげを作る*
2.ご飯に白ゴマとゴマ油を混ぜ、熱したフライパンに入れて薄くのばし、ゴムベラなどで押しつけながら焦げ目がつくまで焼きます。

※押さえつけることで、外はカリッと中はモチモチに!

焦げ目がついたら、返して片側も同じように焼きます。 
※フライパンで焼くことで、おこげが出来る!


*あんを作る*

3.お湯(300ml)に鶏がらスープの素、みりん、しょうゆ、お好みでショウガのすりおろしを入れたら、エビ、チンゲン菜の茎、ネギ、シイタケを加える。

4.エビの色が変わったら、水溶き片栗粉を少しずつ加えとろみをつける。

チンゲン菜の葉も加え、塩、黒こしょうで味を調える。

*仕上げ*
5.2のフライパンのご飯に、4のあんをかけて【フライパンおこげの中華あんかけ】の完成!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓